~都市伝説~ちょっとオカルトな話

sponsord link
怪談・都市伝説
この記事は約3分で読めます。

おはようございます、朝から天気の悪い那覇市ですがおかげで少し涼しく過ごせています。
私結構都市伝説やオカルトチックな話が好きで、信じてるわけではないんですが一つの読み物として面白いなと思うのです。
そんな都市伝説のようなお話をしたいと思います。

sponsord link

先日見かけた記事で、地球空洞説なるものを読みました。
私たちが住んでいる地上はプレートという大きな板のようなものに乗っているのは中学の時ぐらいに授業で習ったような覚えがありますが、そのプレートの下にはマントルというマグマが流れているとされています。
そのさらに中心には核となるものがあるとされている地球ですが、プレートの下にはマントルなんてなく空洞になっているというのが地球空洞説です。

さらにプレートの下の空洞の部分には、なんと地底人の暮らす国があるというのです。
昔「センターオブジアース」という映画があって、それも地球の内部に恐竜が居たり、自然があり地上と何ら変わりのない世界が広がっている映画がありましたがまさしくそんな感じの世界が現実にあると。
ですが、地底にあるのだから日光が入り込まないですよね。
とっても暗いんじゃないかと考えると思いますが、地底の空にはプラズマがあり、とっても明るいみたいです。

実際そうなら見てみたいです。
一応地底に行くには北極か南極のいずれかに入口があるらしく。
いかんせん都市伝説なので胡散臭い話ではあるのですが、実際に行ったことがある人が居るみたいです。
北極を飛行機で調査していた軍隊の人は、もやに包まれ出た先がなぜか温暖な気候で雪原ではなく森のような所に出たという話で、北極なのに温暖で自然が豊かな場所って想像できないですよね?

それと北極ではない所で、どっかの火山の火口にUFOが入っていく動画なんかもありましたが、その火口が地下の世界につながっている所だとすればUFOは宇宙のどこかの星から来ているのではなく、地球の内部にいる地底人の乗り物なのかドローンみたいなものかってことです。
もしかしたら数年後普通に地底人が地上に現れて交流するかもしれないですね。

実際のところ本当に地下の世界があったとしても、情報が一般人に公開されるのは遅いでしょう。
何年もかけて浸透させたり、世界のトップの人達がまずは交渉したりしてからって感じだろうなと思います。
私たちには知らされていないことはたくさんあると思います。
死ぬまでになにか都市伝説でもなんでも、ありえないとされていることが知れたらいいんですが。

今回はくだらない日記でしたが、もし興味があればたくさん都市伝説の記事がありましたので北極謎とかで検索してみると詳しい内容載ってます。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。
また次回お楽しみに。

sponsord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました