働き過ぎな日本人、そんなに働いて一体どうしたいのか

sponsord link
日記
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、みなさんは仕事をするのはお好きですか?

もし仕事が大好きで、仕事さえあれば何もいらないと言うほど好きな人にはこの記事は合わないと思いますのでそっと閉じる事をおすすめします。

ですが、働く事は好きだが、仕事ばかりするのに疑問をお持ちなら少し見ていってください。

sponsord link

sponsord link

日本人働き過ぎじゃない?問題

私は、高卒で大学には行かずすぐに働く事を選びましたが、みなさんはいかがでしょうか。

昨今では大学まで出るのが基本みたいな流れになっていますが、私のように高卒だったりむしろ中卒で早くから働きに出る人も少なくはないと思います。

そういった方は、他の大学に行っている友人に負けないように早く一人前になって友人たちが働き始めるまでには立派な社会人になろうと頑張っている人も多いと思いますが、その考えはとても素晴らしい事ではあるのですが、もしあなたが仕事だけして生きていきたいわけではないのならちょっとお待ちください。

仕事を一生懸命する事と、仕事だけする事とは違います。 頑張れば頑張るほど給料が増えるのならまだしも、雇われで働く以上大して給料は変わりませんよね。

会社のために頑張りたいのなら止めませんが、自分の給料など見返りが欲しくて頑張るなら別の事をした方がいいかもしれません。

例えば早く立派な社会人になりたいと言う目標があるのなら、仕事だけが社会ではありません。

人によって定義があいまいだと思いますが、まず日本人には「税金を納める義務。教育する義務。働く義務。」と3つの義務があるのはご存知かと思います。

この内働く事だけに集中するのは三分の一しか集中していない事になります。

ただこれだけだと国民として鏡のような人ではありますが、あくまで国からすればの話となります。

日本人はこの義務を果たしているのは素晴らしいのですが、これしかできない人も多く存在していると考えます。これはあくまでも義務です。

できたからと言って、誰かに褒められる事でもなければこれをしていれば成長する事でもありません。
問題は、自分がどうなりたいと考えているのかと言う事です。

みなさんにとっての仕事はなんですか?
私にとっての仕事は趣味みたいなものです。
人の事に興味があるので仕事をしています。
それ以上でもそれ以下でもありません。

ただそれだけで生きていけないのも事実なので、給料としてお金を得るのが必要です。

私の場合だと相談料をいただいています。
それから経費と税金を引いた額が給料として入る事となります。

私にとっての仕事はこのような感じではありますが、私の人生のほとんどは仕事でできていると言っても過言ではありません。

まず休みと言う休みは無いに等しいです。
これは考えようにもよるとは思いますが、私の場合常にネタを調べたり、資料を見たり何をするにしても仕事につなげています。

よって明確なプライベートと言える時間はそれほどありません。 映画を見るのも、テレビを見たり本を読んだりするのも仕事の一環としてしています。

こう聞くと疲れそうだと感じると思います。
ですが、私はこれを趣味のような感覚でしているのでキツイと思ったことはありません。

確かにたまにめんどくさくなって何もしない日も作ります。
そうやってリフレッシュする事でまた仕事ができます。

しかし、雇われている時にこのような事はできませんでした。
なぜなら雇われている以上自分の考えを殺す事も必要だからです。
そういった事の積み重ねで、疲れるので週2回は休みが必要なのだと思います。

あなたが雇われで働いているのなら、自分が好きな事やなりたい自分になるために勉強したり体を鍛えたりするといいかもしれません。

これからただ働くだけなら人間は必要なくなってしまうかもしれません。
自分がしたい事やなりたい自分をしっかり認識し、それ向かって努力していないといつの間にか淘汰されてしまいます。

もし盲目的にこれをしていれば良いと考えているのなら危ないかもしれませんよ? 信じる事は素晴らしい事ですが、それに裏切られた時どうしますか?

それしかないなら裏切られたら終わりですね。
そうならないように、なにが合っても揺るがないなにかを持つといいと思います。

今回はこれで以上です。
それではまた。

sponsord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました