利き手利き足の外にもある意外な利き〇〇

sponsord link
コラム
この記事は約5分で読めます。

こんばんは、あなたの利き手は右手ですかそれとも左手ですか?
ほとんどの人が自分の利き手、利き足はご存知かと思います。

ですが、あなたは自分でもまだ知らない、利き〇〇があるかもしれません。
今回はそんな、会話のネタにも、恋愛を上手く運ぶためにも使える、利き〇〇のお話です。

sponsord link

sponsord link

見え方に違いがある利き目

まず最初に紹介する利き〇〇は、「利き目」です。
普段右と左の両方を使って物を見ている私たちですが、目にも利き目と言う物が存在します。

右目を瞑って、左目だけで見るのと、左目を瞑って右目だけで見るのを比べてみてください。

その内のどちらかは特に変化はありません。
しかし、もう一方の目では、ちゃんと真っ直ぐ見ていない事がわかります。

この時、真っ直ぐ見ている方の目が利き目です。
あなたが右の眼では真っ直ぐ見ているなら利き目は右目だと言う事です。

自分ではあまり意識していない事なのですが、無意識の内に私たちは利き目で物事を見ています。

特に顕著に表れるのは、ダーツやビリヤードなどの良く狙うスポーツや、細かい作業などをする時などに使います。

と言う事は、自分で意識して利き目の方で見るようにすれば、さらに精度が上がるとも言えます。

ダーツをする時、自分の利き目の方に矢を持っていき、効き目を使って狙いをつければ普段よりもより狙いやすくなります。

これをするだけで、精度が上がります。

逆にこれは、普段私たちが一方からしか物事を見ていないと言う事もよくわかります。
意識してみる事で、普段右寄りにしか見ていなかった事が、左も見るようになります。
そうする事で知らなかった時よりも視野が広くなったと言えます。

自分で意識して、左も右もさらには上からも下からも見る事で、今までとは違った見え方で見る事ができ、結果さらにその物を深く知る事ができるのです。

あなたも様々な視点から見る事を意識してみましょう。
するとあなたが知らなかった側面を知る事ができるかもしれまsん。

人がいると嫌な場所・落ち着く場所の利きスペース

次に、自分から見て右側になにかがあるのがいいか、左側がいいかと言う利きスペースもあります。

これも普段意識していない事なので、チェック方法を説明します。

まず、あなたはカバンなど荷物を持つときどちら側で持つことが多いですか?
人といる時どちら側に座りますか?

1つずつ説明します。
カバンを持つ方は、ほとんどの方が決まった方で持つことが多いです。
なぜかと言うと、カバンと言う物理的なバリアで、自分の弱点を守っているからです。

つまり、あなたが右側でカバン持つよと言う方なら、あなたの弱点は右です。
反対に、左で持つよと言う方は、左が弱点と言う事がわかります。

心理的に自分が苦手な方を、カバンと言う盾で防御するため、決まった方に持つ人が多いと言われています。 ちなみに私は左側に持つことが多いのですが、実際に人が左側に居るとなんだかそわそわして落ち着きません。 私のように、左側に持つ人が多数らしく、その理由が、人間の心臓が左側にあるためだと言われています。

心臓を無意識に守ろうと働くのですね。

次に、無意識に人といる時に座る位置ですが、これも同じく自分の弱点の方を守るために位置取りします。

必ず人の左に座ると言う人は、先ほど同様自分の弱点が左だからです。
そうすれば、自分の左側、弱点の方は荷物などでガードし、右側は人でガードできます。

この時、信用している親しい友人や家族、恋人などにはこの限りではありません。
信頼している人は、弱点の方にいられても苦痛ではありません。

これを合わせて、電車などに乗る時に座る定位置などを考えてみましょう。
そうすると、自分の弱点の位置がはっきりわかるようになります。

いつもこのパターンで乗るな、と思う事があれば簡単にわかります。
私の場合ですと、先ほど同様できるだけ左に人が来ないように乗ります。
つまり、左端の方です。

立って乗る時は、入り口付近で左端に行き、時には入り口を背にして乗る事もあります。

これは、私の弱点が左の後ろ側だと言う事がわかります。
左側の中でも特に後ろに来られるとかなり嫌がります。

このように、自分の嫌だと感じる場所を知っていくと、だんだん他人の嫌がる場所もわかるようになります。
それを、対人コミュニケーションに生かすことができるのです。

ちなみにこの場所の事を、「パーソナルスペース」や「パーソナルエリア」などと呼びます。

パーソナルスペースを意識してコミュ力アップ

自分のパーソナルスペースを知ったあなたは、他人のパーソナルスペースも敏感になります。
なぜなら今まで意識していなかった事が、意識するようになったからです。

他人のパーソナルスペースを意識して探る事で、どのあたりまでは良くてどのあたりは悪いと言う事がわかります。

その、ダメなラインを越えなければいいのです。
でも遠すぎてもいけません。

このようにお互いのパーソナルスペースを侵害しないように注意してコミュニケーションしていけば、おのずとコミュ力が高く感じると言う事です。

注意するのは間違っても、相手の嫌なラインに入らない事が大切です。
そこに入ってしまうと、相手から警戒されます。

一度警戒されると、警戒を解くまで時間がかかりますので、親密度を上げるのも難しくなってしまいます。
そのような事がないように注意しましょう。

おわりに

今回は利き〇〇と言うテーマでお話していきました。
このように、1つの事を知るだけで、いろんな事につなげる事ができます。

普段意識していない事が、さまざまな事につながっているのを知って驚いたのではないでしょうか。

私が初めて知った時は単に利き目と言うのがある、と言う事だけで終わってしまいましたが、それからしばらくして新たな一面を知る事ができました。

今回紹介した事以外にもまだ知らないつながりがあるかもしれません。

あなたが知っている事も、実は何かまだ知らない事があるかもしれませんね。
今すでに知っている、できる事も、改めて調べたり考えてみると面白い事がわかるかもしれません。
機会があれば復習してみるのもいいかもしれませんね。

今回はここまでです。
それではまた。

sponsord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました