「世界最低ランク」日本人の自己肯定感とその上げ方

sponsord link
心理
この記事は約10分で読めます。

こんばんは、今回は世界最低ランクと不名誉なランクである自己肯定感ですが。
「自己肯定感」と聞いてもあまり馴染みがなく、なんとなくわかるけど詳しくはわからないと言う方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にもすぐわかる自己肯定感とは何なのか、自己肯定感が低いとどうなのかについての解説と、自己肯定感を上げ幸せになる方法についてお話したいと思います。

sponsord link

sponsord link

自己肯定感とは

まず最初に自己肯定感の意味を説明していきます。
自己肯定感とは、自分のあり方を積極的に肯定できる感情や、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などの事とあります。

簡単に言うと、自分が正しいと思えるかどうかと言う事ですね。
そう聞くと、なるほど、確かに日本人はかなり低いと言えます。
この記事を読んでいる方で、自分を肯定できている人が何人いるのでしょう。

仮に自分を肯定できても、なんの根拠もなく自分は正しいと言い張る人はかなり痛い人に思えます。

そこまで極端に声を大にしている人は少ないと思いますが、そうではなくても、人に何かを話す時に自分が正しい事を押し付けてくる人っていますよね。

こう言うことを日本のことわざでは、出る杭は打たれると言いますね。
周りにこのような人がいると、自分もこうならないようにと自分を律します。
しかし、それが行き過ぎて今度は自己否定に陥っている方もいるのではないでしょうか。

恐らく日本人が世界でも自己肯定感が低いとされているのは、これが1つの原因と言えるでしょう。

一部の出る杭が打たれる様をほとんどの方が目の当たりにしてきた、もしくは打たれた経験がある方もいるのではありませんか?

このように過ごしてきたからこそ自己肯定感が低く、中には自己否定にまで陥ってしまっているのかと思いますが、あなたはいかがですか?
では次にどのようにして自己肯定感が低いとどのような悪影響があるのかをお話していきます。

自己肯定感が低いとどうなる?

自己肯定感が低いと言う状態は、自分に自信がない状態と言えます。
自分に自信がなく、他人の顔色を窺って生きているため、余計なストレスや疲れを感じてしまいます。

このような人は、自分の考えを持てなくなり、次第に誰かに依存してしまう事になってしまう事もあります。
ここまで来ると、自己肯定感が低いのではなく、自己否定に陥っている可能性が高いです。

自己否定に陥ると、自分の考えは間違っていると考えるため、誰かに依存しなければどうしていいのかわからなくなってしまい、自分を抑えながら生きていく事になります。

だんだんそれが自分の考えだと思い込むようになってしまい、偽りの自分を作り出してしまいます。

自分を偽る事自体は悪い事ではありません。
しかし、それを本当の自分だと思い込むのは危険です。

常に本当の自分は心の奥に押さえつけられているので、絶えずストレスを感じながら生きていく事になります。

このように自己肯定感が低いと、自己否定に変わる可能性があり、常に得体のしれない不安感に悩まされ、強いストレスを感じ続ける事になりますので、良い状態とは言えません。

このような状態を抜け出すためにはどうしたら良いのでしょうか。

次に自己肯定感が高いとどうなるのかを説明します。

自己肯定感が高いとどうなるのか

先ほどとは反対に、自己肯定感が高いとどうなるのでしょうか。
自己肯定感が高いとは、自分を肯定する、つまり、自信を持っている状態と言えます。

自信を持つ事とは、何かに左右されたり、他人の顔色をいちいち気にせず、自分の価値を自分で知っていると言う事です。

何かをする時、いちいち人の反応ばかり気にしていては何もできません。

人の意見を参考にはしますが、人の意見であっちにもこっちにも舵を切らず、自分が進むべき方向や、目的地がハッキリしています。

そして、そうする事がどんな影響があるのか、それの価値をわかっていますので、何かに惑わされたりしません。

先ほど話した、出る杭は打たれるんじゃないかとご心配される方もいるかもしれませんが、安心してください、打たれる人間と言うのは、そのほとんどが自信過剰である事が言えます。

大した経験や実績、力もないくせにそれよりも大きなことを言うから叩かれるのです。

それに加え、このような人は口から始まります。
何かをする時など、まず最初に口を開きます。

ここまで言うとわかる人もいるかと思いますが、つまり、自己肯定感が高いのではなく、自己を認めてもらいたい気持ち、承認欲求が強いだけだと言えるのではないでしょうか。

私もあまり大きなことを言えるほどのものではないのでこれが正解だと大きくは言えませんが、私の解釈としては、これが叩かれる人と、自信があって素敵と思われる人との違いかと思います。

では次に、自己肯定感を高めるにはどうすれば良いのかをお話していきます。

自己肯定感を高めるには

自己肯定感を高めるには、自分のいい所も悪い所も、普段意識している事も無意識の自分も認める事です。
この一言に尽きます。

ただこれだけだと抽象的過ぎて実際どうするかわかりませんよね。
そこで少し具体的に自分を認める方法も教えます。

1.自分のいい所や悪い所を知る

まず初歩的な事ですが、何かを認めるにはそれを理解しなければ認める事はできないと思います。
そのために、自分のいい所と悪い所どちらも知りましょう。

その方法として、紙に書く方法があります。
紙の中心に、自分と言う文字を書きます。
その周りに自分を作り出している要素を書き出していきます。

例えば、「私」と書きます。
その周りに、年齢、性別、身長、体重と思いつく事をすべて書いていき、だんだん筆が止まると思います。
そこからは少しずつでいいので、自分と言う人の思う事を書いていくと、それが長所や短所が出てきます。

しかし、この方法には注意点があります。

自分に自信が全くない人がやると、自分の悪い事ばかり書いてしまい、余計に自分を否定するワードを引き出してしまうため、あまり自分の評価が低い人にはおすすめしません。

ですが、そこまで低くない人や、フラットな人には自分を見つめる機会としていいのではないかと思います。

2.人を観察する

この方法も、考えが凝り固まっている人や、自分の評価が低い人などはあまりおすすめできませんが、ある程度心に余裕のある方にはおすすめしたい方法です。

自分が好きな人、嫌いな人を観察し、なぜその人が好き・嫌いかを考えましょう。
その時、いろんな事が浮かぶと思います。

例えば、あの人の人を見下した態度が嫌いだとか、チャラいから嫌いとか。
または、あの人の人に親切にしている所が好きとか、好きな人にも嫌いな人にもパターンがあるのに気が付くと思います。

そのパターンは、それぞれ自分に対する気持ちとつながっている事が多くあります。

人を見下す態度の人が嫌いと思ったのが多かったなら、それはあなたが嫌いな自分で、今まで心の奥に隠してきた自分です。

これをシャドウと呼びます。

人が人を好きになったり、嫌いになったりすることの中に、本当はこうしたかった自分や、自分が嫌いな自分を人と言う鏡を通してみる事でそう感じている事があります。

もちろんこれが全てではありませんが、パターンとしてある嫌いな人、好きな人はこれに当てはまる事が多くあるので、人を通して自分を知って、それを認める事が自己肯定につながると言うわけです。

こちらも、ある程度の心のゆとりがなければ認める事ができません。
なぜなら、自分を認めると同時に嫌いな相手も認める事になるからです。

逆の好きな人に対してはすんなりいくかもしれませんが、嫌いな相手と自分が同じと言う事は認めがたい事でしょう。

3.瞑想する

このブログでは何度も紹介している瞑想をしましょう。
瞑想しているといろんな考えが浮かんできます。
そのランダムな思考こそがあなたの無意識、潜在意識の一部です。

それを観察する事で、自分の潜在意識を知る事につながるためおすすめです。
また、瞑想は自己否定や自己肯定が低い人にもおすすめできます。

瞑想と言うとみなさん胡散臭さを感じるかもしれませんが、深呼吸をする事を瞑想と言います。

ご存知の通り、深呼吸をする事はリラックスする事につながりますよね。
リラックスして、本当の自分を解放してあげましょう。

そうする事で、偏っていた考えや行動がフラットに近づきます。
フラットに近づくのはつまり自己否定を止める事とつながりますので、瞑想はどちらかと言うと自己評価の低い人などにおすすめです。

誤解している人もいるかもしれませんが、瞑想に宗教は関係ありませんし、何かを買う必要もありません。

必要なのはやるかやらないかの意思のみです。

なぜならただの深呼吸だからです。
その深呼吸中に浮かぶ考えを、ただ流すのではなく、浮かんだ事を意識的に感じる事をするだけで、自分の無意識の思考を知るだけなので簡単です。

もし瞑想に興味をお持ちになっていただいた方はこちらの記事を参考にどうぞ。
「瞑想のすすめ」~瞑想をすることで得られる3つの効果~

4.感謝の言葉を口にする

最後にお話するのは感謝の言葉を述べる事についてです。
こちらは簡単で、誰でもでき常に意識しておきたい事でもあります。

人は感謝の言葉を言うとき、まず誰にその言葉が聞こえると思いますか?
普通その相手に聞こえるとお考えかと思います。

しかし、言葉は相手に伝えるために話しているのに、相手よりも自分が一番先に聞こえるのです。

あなたの口に一番近いのは、あなたの耳ですよね。
相手に耳打ちしているなら話は別ですが、ほぼ100%相手に感謝の言葉を述べるとき、まず最初に自分の耳に入ります。

でも、脳って結構おバカなんです。
自分で言った事なのに、耳から入った情報は外から聞こえていると誤認すると言います。

つまり、相手に感謝した言葉はそっくりそのまま自分が言われたと勘違いを起こします。
人に感謝して言った言葉で、自分も感謝された気持ちになるんです。

これをただ続けるだけで、脳は人に認められたと思います。
人に認められたと感じると、次第に自分は正しかったと思うようになります。
たったこれだけで簡単に、自己肯定感が高まると言う事ですね。

でも逆に、相手に悪口や文句ばかり言ってるとどうなりますか?
その言葉はそっくり自分に返ってきて、自分が阻害されているように脳は勘違いしますね。

このような事があるため、目標は声に出して言えとか、人を悪く言うとダメだとか言われるのではないかと思います。
昔の人は科学的には劣っていても、理解していたのかもしれません。

それが日本では言霊とか自己暗示と呼ばれるようになったのかもしれませんね。
自分に対して自信がなくても、人に対して感謝する事はできますよね。

子どもから大人まで、老若男女問わず誰でもできます。
なのにできてない人が多いのです。

これを知ったあなたはもうできますね。
急には恥ずかしかったり、難しいかもしれません。

ですが、少しでもやるのと、やらないのとでは1週間後、1か月後、1年後と進んでいくにつれ、相当な差となっているでしょう。

それでもあなたはしませんか?
今からでも遅くはありません。
少しずつでも始めてみましょう。

おわりに

私は海外に住んだことがないので他の国の人はどうかわかりませんが、日本が自己肯定感が低いと言う事は知っています。

みんな自分に自信がないのです。
しかし、以前から申し上げているように、人間は生きている限り必ず批判に合います。

否定されない人生などほぼ確実にありません。
どんなに優れた人でも批判されます。
どんなに綺麗な人も批判されます。

今かなり人気でも、少なからずアンチがいて、少しでも間違いを犯してしまうと今まで肯定していた人も手のひらを反します。

これは生きている限り一生付きまとうでしょう。

それなら最初から批判を気にしない方がいいと思いませんか?
必ずある批判を気にするよりも、自分がどうすれば楽しくて、そのようにすればカッコいい自分になれるかなど良い方を極めた方が良いのではないでしょうか。

全員の意見を取り入れる事などほぼ無理です。
それをするために労力を使うより、今良い所をさらに伸ばす事や、今ある良い所に付属するところを伸ばせばさらに良くなります。

例えば、足場を固めるとき、満遍なく固めようとすると、全てが薄くなってしまい、いつ足場が壊れるかわかりませんよね。

ですが、まず一部を思いっきり固めてしまえば、そこはもう安全と言えます。
そこをさらに安全にするか、少し幅を広くしてもっとたくさんの人が安全になるように広げるかの方が、健全ではないでしょうか。

すべてをカバーしようと考えるのは、違う言い方をすると中途半端と言うのです。
それだと誰にも良いと思われないのではないでしょうか。

私が言いたい事は、批判される事にビビって、みんなに合わせてもあなたは誰にも好かれる事は無いと言う事です。
最後に、私から言えるのはビビってないで自分を持つ事が大切だと言う事。

なにも、自分をアピールしろと言うのではありません。
誰かに伝えなくても、自分を持つ事と、自分を持たない事は大きく違います。
それを忘れずに。

それでは今回はここまでです。
ではまた。

sponsord link

コメント

  1. 普通の人生がほしかった。 より:

    やっぱり、こちらも意味がわからない。理解しようとしても理解できない。
    落ちるところまで落ちると理解する余裕すらなくなると思えてきました。

    • ふぃりをふぃりを より:

      自己肯定感などと小難しく聞こえてしまうかもしれませんが、とてもシンプルなことで他の誰でもない自分が自分を認めること。

      これが大事なのだということをこの記事では伝えたかったです。

タイトルとURLをコピーしました