嘘つきの心理

sponsord link
心理
この記事は約4分で読めます。

生きている人で、必ず1度はついて事がある「嘘」。
たまにならまだ許せる事も、毎回だとうんざりしますよね。

嘘をつく人はどんな心理が働いて、嘘をついてしまうのでしょうか。
今回はそんな「嘘」についてお話したいと思います。

sponsord link

sponsord link

嘘をつく心理とは

嘘は嘘でもいくつか種類があります。
嘘の種類と共に、その嘘をつく心理を見ていきましょう。

1.相手を陥れる嘘

嘘と言えば大体このタイプの嘘を頭に浮かべるかと思います。
詐欺や、人を騙す時に使う嘘です。

このような嘘をつく人の心理には、人を騙す事が好きと言う事やその嘘をつく事で自分になにかメリットがある場合などがあります。
相手を騙す事で、金銭的な恩恵があったり、精神的に優位に立つことが気持ちよく感じるような人がいるため、人を陥れるような嘘をつくのです。

このような人は悪びれた様子もなく、一見むしろ良い人に見えるため、より騙されやすいですが、相手の外見と信用できる人かどうかは関係ありません。
見た目に騙されないように注意しましょう。

2.相手を思っての嘘

真実は時として残酷です。
相手に正直に話す事だけが正しいとは言えませんよね。

あなたを思ってついた嘘と、その真実を知った事。
どちらがより傷つくかを考えた結果、相手の方は嘘をつく事を選ぶことがあります。

嘘は嘘でも、優しさや気遣いから出た嘘もあります。
ですが、真実を知るのと嘘を言われるの、どちらがいいのかはわかりません。

また、このような事を迷う場合のほとんどが大きな出来事です。
その大きさゆえ正常に判断できない事もあり、判断を誤ってしまう事もあるのかもしれません。

3.自分を大きく見せたいからつく嘘

好きな人や、ライバルの前では負けたくない気持ちや、自分をよりよく見せたいと言う心理から嘘をついてしまう事があります。
嘘と言うと聞こえが悪いですが、話を盛るのです。

こう言った人の中には、自己顕示欲の強い人がいて、自分を大きく見せたいから、自分をもっとちやほや褒めて欲しいからなど、自分の事を認めて欲しい気持ちが強く出た結果、嘘をついてしまうのかもしれません。

小さな嘘なら笑って聞いてられますが、エスカレートしてくるとただのほら吹きになってしまうので、聞いてる方も面倒くさいです。

4.自分に自信がないからつく嘘

自分に自信がない人にも嘘をつく人が少なくありません。
このような人は、自分の意見に自信が持てず、本当はそうじゃないと思っているのに、相手の意見に流されてしまいます。

例えば、ラーメン屋と言ったら、昔ながらの中華料理屋(幸楽とか王将のような)と、ラーメン一筋みたいな専門店のどちらが一般的かと言う議論があったとします。

この議論をしていメンツの中に、影響力のある人や、ラーメンがとっても大好きで、週5回はラーメン食べる人などがいたとすると、自分に自信がない人はそのような人の意見が気になり、この人達と意見が外れてしまうと自分がおかしいのではないかと感じます。

そのため、自分ではラーメン屋に行ったら、ラーメンも食べたいが、チャーハンや餃子はもちろんマーボー豆腐も捨てがたいんだよなと思っているのに、一部のラーメンは専門店が正義と声を高らかに謳っている人に流されてしまい、ラーメン専門店でも餃子やチャーハンはあるしやっぱラーメン屋と言えばラーメン専門店だよなと考えを変えてしまいます。

自分に自信がないと、こんな軽いどうでもいい嘘だけではなく、重要な嘘もつく可能性があるのでご注意ください。

5.楽しい雰囲気を壊さないようにつく嘘

いちいち本当の事を言っていたら話が進まない場合があり、そういう流れを崩さないための嘘。
複数で話している時はこの嘘がつけないと周りから浮きます。

嘘と言うよりも、その場のノリと言うやつですね。
ただし、たまにこういう時のノリを本当の事だと勘違いしたり、冗談の通じない人がいたりするので具体的な事は言わない方が無難です。

ノリはあくまでノリですから、あまり真面目に捉えるのではなく、いい加減な感じでいた方がいいでしょう。

おわりに

以上が嘘をつく人の心理についてのお話です。
割と軽い感じの内容となっていますので、求めていたものとは違うと言う人もいるかもしれませんが、最初はこんなものから始まると思います。

だんだんエスカレートしていき、歯止めが利かなくなったりしているだけで、本質はあまり変わらないのではないでしょうか。
最初からガッツリ騙してやろうと考えている人は、サイコパスとか危ない人だと思います。

案外、嘘をつくのは悪気があったわけではないのかもしれませんので、嘘をつかれたからと言ってあまり責めるのはおすすめしません。

それでは今回はこれで以上です。
ではまた次回お楽しみに。

sponsord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました