朝におすすめしたい5つの事

sponsord link
コラム
この記事は約5分で読めます。

社会人の多くは、時間に追われて朝起きるのはギリギリになりがちです。
夜にしたい事や趣味などをしてしまい、ついつい寝不足になってしまう事もあるのではないでしょうか。

しかし、その行動のいくつかはもしかしたら朝する方がいいかもしれません。
そんな朝におすすめしたい事をお話したいと思います。

sponsord link

sponsord link

朝におすすめな事

1.早起き

もう何度も聞いたことがあるとは思いますが、まず早起きする事をおすすめします。
早起きをする事は単純に、朝に時間に余裕が生まれます。

例えば、家から出る30分前に起きる人は、1分1秒無駄にできません。
少しでも時間を無駄にしてしまうと、家から出る時間が遅れてしまい、遅刻する恐れがあります。

しかし、毎朝なんのハプニングもなく同じ時間に出て、同じ時間に着くのは難しいでしょう。
朝遅れないためにも、余裕をもって早起きしてみましょう。

早ければ早いほど、朝に使える時間が増えるので、ニュースを見たり、軽く運動したり、読書をしたりといろんな時間に使えます。

朝はまだ涼しく過ごしやすいので、夜している事のいくつかを朝にしてみてはいかがですか。

2.体を温める

朝起きたばかりの時は、体は冷えています。
完全に目覚めるには、まず体を温めましょう。

できれば布団に包まらず、朝お風呂に入ったり、体を動かしたり、暖かい飲み物を飲んだりして体温を上げると、体が目覚めてきます。

早起きはしなくても、朝体を温めて体を起こす事で、頭もスッキリとした状態になります。

そうすれば、朝の眠気やだるさを感じずに行動できますので、朝に体を温めるのをおすすめします。

3.朝に読書や勉強などしたいことをする

これは上記の1と2どちらもしている事が前提となりますが、朝早起きをして、体を起こすために体を温めて、その後の時間を読書や勉強をする時間に使うといいでしょう。

朝は、早起きしている、したことがある人は知っていると思いますが、朝は静かで、まだ気温も上がってなくて涼しいので、集中した時などに最適です。

夜でも同じだとお考えの方も多いでしょうが、夜にするのも確かにいいです。

しかし、夜してしまうとその分睡眠時間を短くする可能性があり、あとは寝るだけだと思ってついやってしまいがちな悪魔の誘惑があります。

例えば、テレビの深夜番組だったり、アニメなどが好きな人は深夜にアニメもやります。
ネットやゲームなども、後は寝るだけだからと夜にする事が多いと思います。

いろんな誘惑を断ち切って、読書や勉強などに集中しなければならないため、夜は自分との闘いでもあります。

これが朝だと、テレビはニュース番組ぐらいしかやってませんし、ネットやゲームをするにもその後の予定があるので長時間はできません。

自然に時間を効率よく使う事ができ、次にする事も決まっている事が多いので、セーブしやすいと言えます。
夜ゲームなどをすると、あとちょっとが続き、結局遅くまでやってしまって、寝不足になった経験もあるかとおもいます。

そのような可能性がグッと抑えられるため、したい事は朝にするといいでしょう。

4.考え事などをする

夜にする事が多いと思いますが、考え事は朝にした方がいいです。
夜は、その日の悪い事などを考えがちで、嫌な気分のまま1日を終える事となってしまいます。

しかし、朝に考え事をする事で、昨日の嫌な事など忘れてしまっています。
覚えていても、朝のすがすがしい空気の中で考える事で、ポジティブな気分にさせてくれます。

なにかを失敗しても、それを後悔するのではなく、反省し、次から気を付けようと考えるようになるので、何事も前向きに考えるようになり、性格も前向きな気持ちになります。

特におすすめしたいのが、朝考え事をする時は軽く散歩をしながらするといいです。
静かな公園などを散歩すると、心もすがすがしい気持ちになるので、考えもネガティブになりづらく、前向きになりやすいのでおすすめです。

考え事がなくても、早朝の散歩は気持ちいいですよ。

5.日光を浴びる

ます朝起きてすぐカーテンを開けたり、外に出て日光を浴びましょう。
太陽の光を浴びると、睡眠を促すホルモンをストップする事ができます。

朝起きたら頭がボーっとして眠気が残りますが、日光を浴びると眠気が自然に覚めるため、どうしても朝起きれないと言う人は、カーテンを開けるなどして、太陽の光を取り入れましょう。

日焼けを気にする方も少なくないと思いますが、日光を浴びないと、ビタミンDが生成されずビタミンDが不足してしまいます。

このビタミンDは、知っているかもしれませんが、骨を作るカルシウムの吸収を助ける作用があるので、不足すると骨粗しょう症などのリスクが高まります。

また、ビタミンDは食べ物から摂取できる量が少なく、食事だけでは満足な量摂取する事ができません。 そのため、日焼けが気になるかもしれませんが、日光を浴びる必要があるのです。 ちなみに、夏で5分程、冬で30分程の日光を浴びると良いそうです。

なんだ骨だけかと思った方は少しお待ちください。
骨も重要ですが、骨の事は置いといて、それ以外にもビタミンDが重要な理由があります。

ビタミンDには、骨以外にも、免疫力にも作用し、風邪やガンの予防や精神の安定などにも効果があると言われています。

これが不足すると、情緒不安定になる恐れもあり、鬱っぽい状態になったり、体がだるく疲れやすくなり、肩こり腰痛を引き起こす事もあります。

日焼けを嫌がって日光を浴びないと、病気になりやすく、疲れやすく肩こり腰痛などの原因となり、うつになるリスクも高まりますので光を浴びた方が良いと思います。

おわりに

以上が朝におすすめしたい事です。
別に難しい事ではないですよね。

興味があれば試してみてください。
早起きする事の良さを知ると、しない人が不憫に思えるほど気持ちがいいですし、実際1日の行動を効率よくすることができるようになってきます。

ただし早起きしたからと言って、急に行動するのは注意しましょう。 起きたばかりの体は、血流が悪く、血液もドロドロになっているため、急に動くと血栓が詰まる恐れがあります。

まずは、日光浴びゆっくり体を起こし、水分補給をして、体を温めます。
例えるなら、車のエンジンなどと同じで、エンジンを温めてから動かさないと、故障の原因にもなり、燃費も悪く、本来の力を発揮できませんよね。

それと同じく、急に動いても返って体に悪い場合がありますのでご注意ください。
今回はこれで以上です。
それではまた次回お楽しみに。

sposnord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました