広告ブロック機能が世間に浸透すると情報の有料化が始まるかもしれない話

sponsord link
コラム
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、みなさんは普段ネットを見るときに広告が表示されている事はご存知ですか?

近年、インターネットのサイトは、企業などのホームページ以外に当サイトもそうですが、ブログなどの記事などもかなり多くなっていて、そのほとんどが無料で閲覧できるようになっています。

無料で運営するには、アメーバブログやはてな、ライブドアブログなどの無料ブログのサイトに登録して運営するパターンと、私のようにサーバーをレンタルして有料の個人でしているパターンがあります。

そのどちらも広告を載せる事により、少なからず収益を得て運営費用に回す事で無料で閲覧できるようにしているのですが、最近出たアップル社のOS、ios9の広告をブロックする機能ある事が話題となっています。

このios9の新機能である広告ブロック機能を有効にして、サイトを閲覧すると広告を自動的に見えないようにしてくれる優れものです。
うっとおしい広告などをブロックできるのならしたいと言う人がほとんどだと思いますが、それで広告をブロックしてしまうのは、少し考えが浅はかと言えるのではないでしょうか。

ます最初に、広告をブロックする事のメリットとデメリットをお話したいと思います。

sponsord link

sponsord link

広告ブロック機能のメリット

まず、ブロックするメリットはどのような事があるのかと言うと、無駄に広告があると、どれがそのサイトのコンテンツなのかがわかりずらいと言う事が言えます。

そのため、ユーザーはこのサイトの一部だと思い広告先を見に行ってしまいそっちもコンテンツの一部だと誤解する恐れがあります。

そう言った誤解を防ぐメリットや、中には悪質な広告の載せ方をする運営者もいます。

例えば、サイトのページを閲覧しようとクリックしたときに、画面いっぱいに広告が出たり、広告がデカデカと出てきて、画面をスクロールしてもついてきたりする広告の載せ方があります。

このような一部の悪質な運営者は広告を強制的に見せ、誤クリックを誘発するようなコンテンツの作り方をしてしまいます。

そうする事で、広告料を得て、ユーザーには不快感を与えているのです。
そのような広告も、この新機能を使えばブロックする事ができるため、おすすめの機能と言えます。

広告ブロック機能のデメリット

反対にデメリットはどんなことがあるのでしょうか。

その1つが、広告は、サイトの管理人が自ら選んでいる場合もありますが、自動で広告を選んでくれる機能もあります。

自動で選んでくれる機能を使うと、閲覧者の興味のある物を優先的に宣伝してくれるので、訪問してきた人それぞれのニーズに合った広告を表示してくれます。

そのため、興味を持って広告先にユーザーが見に行くことになるので、ユーザーは自分が欲しい情報を得て、運営者は広告料を得てお互いにメリットがあると言えます。

そのメリットをお互いに受けられなくなると言うデメリットがあります。

それから、上記でも説明したように、ブログなどは広告費用で運営費を賄っていて、そのため無料で閲覧する事ができています。

広告をみなさんすべての人がブロックしてしまうと、運営者は広告費用を稼げません。
私のように、広告で稼ぐのではなくあくまでブログの運営費用の足しにしようと考える運営者もいます。

無料ブログも中身は同じです。
おおもとの運営会社は、無料でブログを運営できる場所を貸す代わりに、広告を載せてその広告料で会社の運営をしているのです。

つまり、広告をブロックすると言う事は、サイトの運営費用を得られず、閉鎖するサイトや、下手すると一部の専門的なサイトなどは有料化し、月額で会員登録しないと閲覧する事ができなくなる可能性が高くなると言えます。

おわりに

広告がうっとおしいからと言って簡単にブロックしてしまい、みんなが広告をブロックしてしまうと、みなさんは知りたい情報、見たい情報などが無料では見れなくなる可能性が高まります。

今後、広告ブロック機能は一般ユーザーに受け、どんどん広まっていく事でしょう。
しかし、これが広まる事で、大手は別として、一般ユーザーの生の声や、本当の情報、必要とする情報は全て有料化する事でしょう。

私たちのような、個人のブログはすくなくなり、情報が簡単に売れる時代になったと知れば、ネットの無料で見れる範囲の情報では、大した情報を出さなくなります。

さわりだけ目の引く情報を載せて、中身のない事を載せて、中身の部分は有料になってますと言ったようなコンテンツが増えていく事でしょう。

そうなった方が、私たちとしては稼げるようになるので、特に反対はしませんが、恐らく一般のユーザーからすれば無料で得られた情報が、同じ内容で有料になってしまうのなら、今のままがいいのかもしれませんね。

それでは今回は以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました