人生を楽に生きるための方法

sponsord link
人生
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、みなさんは人生もっと楽に生きたいなと思ったことはありませんか?
こう聞いたものの、この記事をご覧になっていると言う事はそう思っているのですよね。

会社での仕事や人間関係に疲れている人、主婦の方で子供の友達の親との付き合いや、学校での役員などの付き合い、地域の付き合いや、ママ友などの付き合いなどが疲れた方。

いろんな人がいるとは思いますが、安心してください、誰でも簡単にもっと楽に生きる事ができる方法があります。
今回は、そんな人生を楽に生きるための方法をお話したいと思います。

sponsord link

sponsord link

人生を楽にするために

まず、あなたが何に疲れているかを紙などに書いていきましょう。
もう無いと言うところまで細かく書いてくださいね。

次に、その原因が何なのかを書いていきましょう。
例えば、上司の嫌味がムカつくと言う思いがあったとしたら、ムカつく原因は、文句を言われる事です。

文句を言われるとなんで嫌なのでしょう。
この場合は、その上司が自分の事を棚に上げて人の責任にしてくるからとします。

ようするに、上司が自分よりも働いてなくて、自分よりも仕事ができないくせに文句を言ってくるのが腹が立つのです。

こう言った風に、どんどん怒りの原因を分解していきましょう。

ある程度分解していくと、いくつか被っているものがあると思います。
その中で、1番多く被っている原因を知り、それを解消していきましょう。

1番の原因を取り除けば、いくつかのイライラを無くすことができますね。
1つ解消するだけで、多数の事が解決すると言う事です。

それと、嫌な事を書くだけでも結構スッキリしているはずです。
分解していく作業をするのも、スッキリしている事がわかると思います。
この2つのステップを踏むことにより、すでに解消されつつあるというわけです。

大きな壁も、何度かに分けて叩く事で壊れやすくなります。
同じく、大きな問題も、いくつかに分けて対処する事で、解決する事ができるのです。

まずはこの方法を試してみてください。

比較しない

次に、人と自分と比べない事が楽にする秘訣です。
会社で苦しい思いをする多くは、人と比べているからです。

例えば、ライバルの同僚と比べて、自分はあまり業績が良くないとか、ママ友と比べて自分はあまり料理が得意じゃないとかです。

このように、人と比べる事で、自分の能力がどのぐらいなのかを知る事はできますが、それはあくまで基準を知る事に過ぎないのにも関わらず、人は他人よりも劣っている事に対して苦しみを感じます。

これを、劣等感と呼び、一般的にはコンプレックスと言います。 人生を楽にするためには、このコンプレックスの克服が重要となります。

そのために、まず心構えとして覚えていて欲しいのは、むやみに人と比べないと言う事です。
ハッキリ言って、あなたよりも上なんてたくさんいます。

仮にあなたが、世界1何かに長けている人なら人と比べて劣っているのを気にするのもわかりますが、そうでもない一般庶民である私たちが人と比べて劣っているからと言って落ち込むのは、むしろおこがましいと思いませんか?

それに、私たちは一方が劣っていたとしても、一方は優れています。
例えば、大きい人よりも力は劣りますが、その人より小さい事で狭い所に入れます。

大きい人は高い所に目線があり、人ごみの中人を探す事は得意でしょう。
しかし、小さい人は大きい人に比べ、人ごみの中落とし物を探す事が得意でしょう。

人間なんてそんなものです。
どんなに能力が恵まれていても、勝てない人はいます。

比較したところで、劣るところは必ずあると言う事です。
まずは、人と自分を比較する事を止めてみる事を始めてみましょう。

なおコンプレックスの克服法については「コンプレックス」を克服するために必要な事こちらにまとめてあるので参考にどうぞ。

おわりに

このように、人は自分の首を自分で絞めている事が多くあります。
それに気づかず、なんで苦しいのかわからずにもがいている人が多いですが、なんてことはない自分の手で絞めているだけなのです。

このようにしている事に気付かないどころか、それを何かのせいだと思い込み、人に悪口や責任を擦り付けたり、環境のせいにしたり、自分のせいなのを棚に上げ、余計に苦しんでいます。

今回お話した内容を私は、ゆるい生活し活動すること(ゆる活)」と呼んでいますが、自分で首を絞めていた事に気が付き、その手を緩めた時、他人が自分の首を自分で絞めている様や、それに気づかず人に当たっている様を見ると、とても哀れだと感じます。

恐らく、気付く前はなんで自分に押し付けるんだと怒りを覚えるような事が、この人は自分で自分を苦しめている事に気が付いていないんだと思うようになり、人に対して優しくなります。

結果、人から好かれるようになり、人間関係も良くなるなど、「ゆる活」を行う事で自分だけでなく、人に対しても良い影響を与える事にもつながります。

ゆる活とは

自分で言うのもなんですが、このブログにたどり着き、この記事を読んでいるあなたは、読む前のあなたよりもさらに良いあなたになったのではないでしょうか。

もし、今回話したゆる活を行ってみて、自分に変化を感じたのなら、あなたの友人や家族にもお話してみてください。

今回のポイントは、「人と比べない」事です。

ちなみに、最初の方で話た事は、あなたの心をほぐすためのものです。

いきなり人と比べるのを止めろと言われても心に響きませんので、まずは自分の嫌な事などを紙に書いていき、それを解消していく事で、心を解きほぐし、素直に言葉を受け止めやすくするために話した事です。

あなたが誰かに教えるときにも、1度凝り固まった心を解きほぐしてから話すと良いと思います。

それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link

コメント

タイトルとURLをコピーしました