「冬にしたい・おすすめな事」日常の生活やレジャーなどの情報

sponsord link
日記
この記事は約7分で読めます。

もう気づけば10月も半ば。
後1カ月半、45日で12月になり、2015年も最後となりますね。
みなさんは今年はいかがでしたか?

私は、前半こそ仕事に追われ1日の半分は仕事と言っても過言ではないほどでしたが、春ごろからは仕事を減らし、次の事を考える期間を過ごしました。

夏の終わりごろからネットでの活動を始めたので、もうと言うのかまだと言うのか2カ月弱が過ぎようとしています。

収入はかなり減ったものの、自営業で始めたことにより、自分で何をするか、いつやるかなどスケジュールを組み、やればやるほど成果につながるような生活となった事で、1日の半分も仕事をしないようになった替わりに、1日も休むことなく作業に取り掛かるようになり、夏も秋も全く満喫しないまま過ぎていきます。

しかし、冬こそは何かしら楽しみたいと思い、冬におすすめなレジャーや面白そうな事を調べ、ピックアップしたので、みなさんも参考にしてみてください。

ちなみに、私事ではありますが、現在恋人はいませんので、「クリスマス」などの恋人達や若い夫婦などリア充たちのためのイベントは今回は除外させていただき、若干非リア充向けにお送りしたいと思います。

 

sponsord link

sponsord link

日常編

まずはイベントとかではなく、日常的なものでおすすめな事を発表していきます。

1.おでん・肉まん・鍋などの暖か食べ物

冬と言えばやっぱり暖かい料理を食べるのが最高です。
屋台のおでん屋さんで、アツアツのおでんをつまみながらお酒をクイっと飲む。
これが地味ながら最高の組み合わせです。

屋台ではなくても、コンビニのおでんや肉まんなどを買い食いしたり、最近では一人用鍋なんかもあって、こたつに入りながら、ぐつぐつ煮立った鍋をほおばり、そこに冷えたお酒を飲む。

あえてキンキンに冷えたものを飲むのが逆に良いんですよね。

みなさんは冬のおすすめはなんですか?
ちなみに私は沖縄に住んでいるのですが、みなさんは沖縄って年中温暖な地域だから鍋とかおでんとかのイメージはあまりないのではないでしょうか。

以外にも、沖縄の冬は、日中は薄手の長袖で十分かもしれませんが、夜は太陽も落ちて、風が結構強いので、気温よりも体感温度が低いんですね。

1~2年前の1月頃なんかは特に寒くて、珍しく7℃とか1桁台の気温になった事もありました。

そこまで寒くなることはあまりありませんが、沖縄県民はおでんや鍋などの暖かい煮込み料理が大好きです。

温かい地域との認識が強い沖縄ですが、町に出ればおでんの文字がたくさんあります。
夏でもおでんをやっているお店が多数存在し、暑い中アツアツのおでんをほおばる日本人は沖縄県民だけかもしれません。

2.温泉などお風呂につかる

先ほど申した通り、私は沖縄県民なんですが、県民のほとんどがお風呂はシャワーだけで済まします。と言うよりも、そもそも家に浴槽がない家庭が多いんです。

なので、お風呂につかりたいと思ったら、スパなどの温泉施設などに行かないといけないのですが、意外に沖縄県は温泉が多いんです。

温泉ではなくても、銭湯のような施設も多数あり、風呂につかりたい時には、そう言った施設を利用します。
冬にシャワーだけだとさすがにすぐ冷えてしまいますので、たまにはゆっくり風呂につかりたいなと思う事があるんですよね。

最近では全国的にシャワーで済ますのが一般的になっているようなので、気持ちはわかるのではないでしょうか。

贅沢言わせてもらうなら、温泉宿の露天風呂に行き、雪がちらほら降る中温泉に入るのが密かな夢です。
沖縄では雪が降らないので、憧れですね。

3.DVDやマンガ・ゲームなどをしてひきこもる

やろうと思えばいつでもいいのですが、冬って寒いので外で遊ぶよりもどうしても屋内がいいですよね。
しかし、みんな同じ考えで屋内の施設には人が集まります。

そうして人がたくさん集まると、リア充も多く、1人で出歩くのが何か寂しく思えて来たり、そもそも人混みが苦手だったりと家に引きこもりたくなるシーズンナンバーワンです。

そんな時におすすめなのが、家で溜まっていた録画しているテレビ番組、レンタルで借りて来た映画や海外ドラマのDVDやアニメ、それと一緒に借りたり買ってきたマンガやゲームなどをこたつに入りながら興じるのが、冬にはベストな過ごし方だと思います。

人間暖かいと働かなくなるらしいのですが、冬はいったん家に帰ると一歩も外に出る気がしなくなります。
世間体としてはダメな過ごし方ですので、おすすめですがおすすめはしません。

レジャー編

怠惰な生活のおすすめをしてきましたが、次に、冬にしたいレジャーなどのおすすめを紹介したいと思います。

1.スキー・スノーボード

理由はしたことがないからの一言に尽きますが、スキーやスノボって気持ちよさそうですし、上手だとカッコいいですよね。

仲間たちと行くのがベストだとは思いますが、SNSなどのつながりや、スノボ教室などに1人で参加しても面白いのではないかと思います。

そこで知り合った人と新たなコミュニティを築いたり、あわよくばそこで素敵な異性との出会いがあるかもと言う期待をしながら参加するのも案外楽しそうだなと思います。

しかし、最低でも九州まで行かないとできないため、今年も私はできません。
スキーやスノボをした後のお風呂、食事には鍋でその鍋をつまみながら飲むお酒。
想像では最高です。

2.バスツアーに参加する

最近は1~2万円程度からのバスツアーが人気だそうで、割と安いですし、日帰りも宿泊もあって好みに合わせて旅ができ、ご飯もその時のおいしいご当地メニューを食べて、観光内を回って宿も結構良い宿に泊まれたりするそうです。

もちろんツアー会社によりけりではあると思いますが、これだとお友達と2人とかの少人数でも行きやすく、値段も自分達で行くよりもはるかに安くで行けるのでおすすめです。

それこそ今回紹介した、温泉や美味しい料理を食べるなどもできて一度で二度おいしい企画だと思います。

こちらも本州だからこそできるレジャーですので、私がしようと思っても、飛行機を使う事になり、だったらバスじゃなくて直接行く方が早いと言う事なるので、県外に住むことがあればしたい事の1つです。

県内のバスツアーもあるとは思いますが、観光客向けのレジャーですので、みなさんにはおすすめですが、県内在住の人にはメリットの少ないレジャーなので自分たちで車で回った方がいいかもしれません。

3.水族館・博物館・美術館

屋内レジャーの代名詞とも言える水族館や博物館、美術館などがおすすめです。

やはり冬の外は寒いです。
なので室内で遊べることをしましょう。

ただし水族館はカップルが多数存在し、1人で行くのは危険です。
無駄に傷つく恐れがあります。

もし1人で行くのなら、博物館や美術館であれば、展示している物にもよりますが、浮ついた人が来ることは少ないためおすすめです。

4.リアル脱出ゲーム

最近話題のリアル脱出ゲームに友人たちと参加してみるのはいかがでしょうか。

知らない人はもう少ないとは思いますが、リアル脱出ゲームとは、謎解きや暗号などを解きながらそこから脱出を目指す体験型のレジャーです。

ちなみに、結構難しく、脱出率10%程度と歯ごたえのあるレジャーですので、大人でも楽しめるスポットだと言えます。

もし興味があれば流行っている内に遊びに行った方がいいかもしれません。
もしかしたら、人生で脱出する機会はこれしかないかもしれませんから。

おわりに

以上が私が冬におすすめしたい過ごし方でした。

若干個人的な希望や趣向が入っていて、偏ったおすすめ情報となってしまいましたが、1番のおすすめは恋人がいない人で、気になる人や好きな人がいるなら、この機に誘ってみるのもいいかもしれません。

すでに恋人がいると言う方にも、リア充っぷりを世間にアピールし、世間にも幸せ成分を分け与えてください。
恋人のいるみなさんが率先して外出する事で、日本が少しは明るくなるかもしれません。

ただし、寂しいからとか、1人なのが恥ずかしいからと言った他人の目を気にして、好きでもない人と付き合うとか無理やり相手を作るなどの行動はあまりおすすめしません。

だれか相手がいれば幸せなわけではなく、好きな人といるのが幸せなのですから、周りばかり気にして自分の気持ちや考えに気付かずに行動する事は、むしろ不幸だと言えます。

それが幸せだと言うのなら否定はしませんが、自分の本当にしたい事、本当の気持ちなどをおろそかにしないようにご注意ください。

それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sonsord liink

コメント

タイトルとURLをコピーしました