仕事に於いて個人的に納得できないこと「残業」

sponsord link
コラム
この記事は約5分で読めます。

私はサラリーマンなど会社勤めをしたことはありませんので一般の考えと少し違うのかもしれませんが、以前働いていたことのある飲食店などは、個人経営ではなく、会社経営のお店だったこともあり、大きく外していないものとしてお話したいと思います。

今回私がどうしても納得できない社会の仕組みの一つに、「残業」があります。
誤解のない様に言っておきますが、残業自体は何も悪いことではありません。
一生懸命働くことや、どうしても期限に間に合いそうにない業務など、やむをえない場合があるのは理解しています。

ここで言う残業とは、サービス残業なども含まれます「無駄な残業」のことです。
みなさんがどのように思うのかはわかりませんが、チラ裏怒り心頭でよければ聞いてください。

sponsord link



sponsord link

残業について思うこと

例えば、AさんとBさんと言う人がいて、Aさんはテキパキ仕事をこなすタイプで、定時に上がれるのに対し、Bさんは完璧主義で、ミスが少なく丁寧な仕事をする反面、かなり仕事が遅く、定時に終わらないことがとても多いです。

この場合、どちらが仕事がデキるのかと言うと、一般的にはAさんの方が評価が高いと言えます。

どんなに丁寧でミスが少なくても、少ないだけでありしないわけではありません。
そして仕事をしていると、急な変更があるなど、柔軟に対応しなければならないことも多々あります。

そのため、完璧主義者のBさんのようなタイプだと、変更があるたびにまた1からすることになりかねないことと、何より完璧主義は言い換えると要領が悪いとも言えます。

つまり、仕事がデキるAさんは定時で上がり、仕事がデキないBさんは残業しますよね。

普通、仕事がデキる人により多くの報酬を与えるのが当たり前だと思うのですが、残業という形式をとる以上、仕事がデキないBさんの方が給料が多くなることになるのです。

これっておかしくないですか?
仕事がデキる、要領の良い人は給料が少なく、要領の悪い人の方がたくさん給料をもらうんですよ?

だからと言って、サービス残業をするのは愚の骨頂です。

この場合のサービス残業は、仕事のデキない人に対する罰則(ペナルティ)になってしまい、罰則さえ受ければいい、限られた時間内でこなそうとしない、などデキない人の能力を上げることにつながらないのです。

能力の向上につながらないと言うことは、原因を解消できないと言うことです。

仕事はあくまで定時の時間があり、その時間内でこなすこと、さらに効率よくこなしていけるよう改善していくことが重要で、いい加減に詰め込んで、ただやるだけでは売り上げは変わっても、能力が向上しないため、長期的に見て伸びないことがわかると思います。

細かいことは置いといて、残業はかなり不公平なものだとお分かりいただけたと思います。

デキる人は少なく(残業少=給料少)、デキない人が多く(残業多=給料多)、そして、デキる人は定時までの間にどんどん仕事を押し付けられ(仕事量多)、デキない人はどんどん溜めていきます(仕事量少)。

ハッキリ言って、私がサラリーマンなら適当にわざと力をセーブして仕事をすると思います。
なぜなら、頑張れば頑張るほど自分を苦しめるだけだからです。

こんな事を言うと、最初は苦しいかもしれないけど、その先に出世があり後々を考えれば努力するべき。とか言うでしょう。

しかし。それはアホです。
出世して年収が少し上がったとしても、収入が増えればその分払う税金も増えます。
そして、出世すれば付き合いも増え、その分時間が減ります。
さらに、出世して収入が増えると、人間贅沢しようとしたり、家を購入したり、お金を以前よりもたくさん使おうとします。

つまり、収入が増えた分消費も増えるだけなのです。
これではいくら年収が300万でも、500万でも、1000万でも変わりありません。

パッと見の収入の差はあっても、その分出費があるのなら意味がありません。
出費で残らないのですからないのとほとんど変わりありません。

つまり、努力して出世したら収入が増えて楽になるという考えは幻想にすぎないのです。

仕事を適当にやって力をセーブしほどほどにやるのが無難なのです。
私は会社経営をしているわけでもなければ国を動かす官僚でもありません。

ただネット上で、しかも大手サイトのようなアクセスもない場所でキャンキャン吠える負け犬だと言われるかもしれません。

だとしても、私はこの残業形態に疑問を抱かざるをえません。
それがクソだと感じたからこそ雇われることに疑問を覚えたので自営業しているのです。

とはいえ、そんなクソな社会ではありますが、メリットももちろんあります。
そのメリットとは、社会的信用と、赤字でも与えられた仕事をしていれば給料はもらえるのです。

言い方は悪いかもしれませんが、ただやれと言われたことをやるだけで、下手するとやれと言われたことができなくて怒られたとしても給料はもらえます。

自営業や会社を運営する立場になるとそうもいきません。
赤字になれば直接自分の生活に支障がでますし、ただやるだけで稼げるわけでもありません。

どちらがいいのか、世論がどう考えているのかは今の世間を見ていれば言うまでもありませんが、一生懸命働くのがバカらしく感じる環境。今回は残業を例に挙げてお話しましたが、私が知らないだけで他にもクソな習慣があるのかもしれません。

もしあなたが思うクソな習慣があるならこの記事のコメントやツイッターなどのSNSなどからお聞かせください。

大した力にはならないかもしれませんが、少しでも世間にメッセージを発信する手助けになれればと思います。

今回はこれで以上です。
それではまた次回。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました