田舎者が東京(都会)に持つ印象

sponsord link
コラム
この記事は約5分で読めます。

日本は47都道府県からなる国ですが、東京をはじめ大阪・福岡・名古屋・横浜以外は基本的にそれほど大きな都市はありません。

私のような田舎者的にはこの5つの主要都市は都会と言うイメージがあります。

都会ってファッションや食べ物、その他いろんなものが洗練されていておしゃれなイメージや、人がたくさんいるイメージがあってなにかとすごい印象を受けます。

そんな都会にはそれ以外にもいろんなイメージがあるんですが、良いだけではなく悪い印象も少なくありません。

そこで今回は都会に持つ印象についてお話したいと思います。

sponsord link



sponsord link

東京などの都会に持つ印象

良い印象

まず最初は良い印象からお話します。

1.便利

都会は田舎と違って交通インフラが整備されているので車を持たなくても移動に困ることはそんなにないように思います。

田舎の場合は近くのスーパーに行くにしても徒歩30分以上かかる場合もありますよね。

しかもスーパーに行くついでに銀行も行こうと思うと、スーパーから銀行までまた数10分かかることもしばしば。

それに比べ都会だと商業区画はここ、住宅区画はそこ、と言うように割とハッキリわかれているので便利です。

なによりも電車などの本数や駅の数が豊富なので便利だなと言う印象があります。

2.なんでもそろう

都会って基本なんでもそろいます。
電気屋に行って欲しい物が売り切れていたリ取り扱っていなくても、近くにまた電気屋があって1つの店舗にはなくても別の店舗にはある可能性があります。

田舎者は車で時間をかけて店を回るかAmazonさんにお世話になるかぐらいしかないので都会はなんでもそろっていいなと思います。

3.遊び場が多い

遊び場と言っても本当にいろんなものがあります。
例えばイベントなどが目白押しで、フジテレビのあれとかマンガ雑誌のジャンプのあれなどいろいろあります。

それ以外にもクラブとかカラオケとか一般的なレジャー施設みたいなのもそこら中にあって遊ぼうと思えばいくらでも遊べちゃいます。

他の地方でもそれはあるかもしれませんが、都会の方が数が多いので選択肢が豊富な印象があります。

4.物価もピンキリ

田舎は物価が安いと思っている方は多いみたいですが、田舎も都会も実はそんなに物価は変わりません。

なぜならコンビニなどのチェーン店は時給は変わっても商品の値段は変わりません。

東京のセブンイレブンのおにぎりと群馬のセブンイレブンのおにぎりの価格は同じですよね。

吉野家とかマックとか大手チェーンは全て一律同じ料金ですから田舎だから安いと言うのは幻想なんですね。

しかもそう言った大手チェーンが進出することで、田舎のローカル店舗はどんどん潰れていっているのが現状ですので、ますます物価は変わらなくなっていっています。

その反面都会ではチェーン店も地域のローカル店も人口が多いことで成り立っていて、そこそこ残っていて、そう言ったローカルな店がやることと言えば激安セールです。

なので意外と都会の方が物価が安い場合も少なくなくて、ピンからキリまで幅広くあるなと言う印象があります。

悪い印象

お次は悪い印象です。

1.人が多すぎ

田舎で歩いている人や自転車に乗っている人はまずいません。
みんな大体車なので、電車やバスなども割かしスカスカ。

しかし、都会は常に乗車率が高く駅なんてクソみたいに人がいます。

駅から出て外を歩いても人がいっぱいでただ歩くだけで疲れますね。

お店的にはいいかもしれませんが、利用者的にはちょっと疲れるのが都会の特徴です。

2.ピリピリしている

都会の人は冷たいとよく言います。
その理由の1つに、都会では人が忙しなく働いているからと言う理由があるように思います。

いつも時間に追われていて、電車の改札でちょっと手間取っただけで「チッ」みたいに舌打ちする人や、「早くしろよ」など急かす人もいます。

どこに行っても何をしても時間に追われているような人が多くて、町全体がピリピリしていてちょっと怖いなと言うのが都会の印象です。

3.都会ルールがある

田舎者にはわからない都会ならではのルールがあります。

例えばエスカレーターは右側に立って、左側は急ぎの人が追い越すように開けておくとか、階段も右側はのぼりで左側は下りみたいな人が多いならではの都会のルールと言うものがあります。

ルールがあること自体はいいんですが、上記でも言ったように基本ピリピリしているので、田舎者がルールを知らずに左側から階段を上っていると怒られることがあり、都会はとにかく怖い。

ルールがあるなら都会ルールブックとか売るかフリーペーパー的なやつでも置いといて欲しいです。

4.ぼったくりなどの反社会的なものも多い

都会にはいろんなものがあります。
それは良いものも悪いものもどちらもです。

中にはぼったくりや胡散臭い詐欺まがいなものなど、法に触れるようなものも少なくなくて、田舎者がぼけーっとしてたらまるでハイエナやピラニアのごとく囲まれ骨までしゃぶりつくされるような、都会と言う名のジャングルなのです。

いくら便利で先進的な技術があっても、人間同士で奪い合いギスギスした都会に恐怖を覚えます。

おわりに

以上が田舎者が持つ都会の印象でした。

田舎と言っても私は田舎界でも割と都会チックな那覇市がホームなので、ザ田舎とはちょっと違いますが、半端物の私が都会に行ったり聞いてみて思った印象はこんな感じですね。

だからと言って田舎最高と言うわけではありませんが、正直賃金さえまともならちょい田舎ぐらいの方が住みやすいのかなと思います。

賃金がまともじゃないのが田舎でもあるんですけどね。

思うことはいろいろありますが、今がベストではないにしろベターではあるのかなと思います。

みなさんもいろいろ思うことはあるかと思いますがいかがでしょうか。

都会にも田舎にも利点と欠点がありますが、ご自分に合った場所を見つけられるとベストですね。

すぐには無理ですが、どこに行ってもベストと言えるような世の中になればいいなとひそかに願います。

それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました