人はなぜインドにハマってしまうのかインドの魅力について調べてみた

sponsord link
人生
この記事は約4分で読めます。

旅行は老若男女問わず幅広い世代に好かれるレジャーの1つです。

国内旅行もたくさん行きたい場所はあると思いますが、旅行の醍醐味はやっぱり非日常感にありますよね。

より非日常感を味わうにはやはり国内よりも国外の方が魅力的だと考える人は多く、海外旅行も人気です。

そんな海外旅行の中でも特に一部で人気があるのが「インド」です。

インドは東南アジアの西側にあり、人口が世界2位の国であることは有名ですね。

独自の文化があって、今でもカースト制度が普通に定められている国でもあり非常に興味深い国でもあります。

インドに行くと価値観が変わるとか、中毒性があるなどと言われ、なぜかインドにハマってしまう人も多くいます。

一体インドにはどんな魅力があるのでしょうか。

今回はそんなインドの魅力について調べてみたのでお話したいと思います。

sponsord link



sponsord link

インドにハマる理由

インドの雰囲気をより味わいたい方はこちらのBGMをご視聴ください。

BGM:エアロスミス Taste of india

Aerosmith – Taste Of India

1.スパイシーな料理にハマる

s_bg_img_08

インドと言えばカレー。
カレーと言えばインド。

インドにはカレー以外にもスパイシーな食事がたくさんあります。

香辛料は体の代謝を良くしたり、健康にも様々な効果があると言われています。

健康云々を抜きにしてもスパイシーな香りはなんとも食欲をそそりますし、味覚だけでなく嗅覚もフルに活用して食事をすることができるので、スパイスは脳にも良いと言う説もあるぐらい。

インドにハマる理由には、インド料理の魅力も1つではないかと思います。

2.タイムスリップしたかのような異国感

india-tarji

インドの歴史はとても古く、紀元前までさかのぼります。

中でも特に有名なのが、この画像の「タージマハル」ですね。

この建物の名前は知らなくても何かで見たことはあるのではないでしょうか。

インドにはタージマハルを含め古い建物や文化が根強く残っており、現在までに35件もの世界遺産が登録されています。

紀元前ってキリストが生きてた時代ですから半端じゃない歴史です。

日本にも大昔の遺産は数多く残っていますが、周りが都会だったりしてあまり雰囲気を楽しめない人も少なくないのかもしれませんのでインドが魅力的に映るのかもしれませんね。

3.とってもフレンドリーな人々

20140403145742a96s

インド人は気さくでフレンドリーな方が多いと言います。

インド語は複雑で隣町でも言語が違うこともあり難しいですが、観光地の町ではみなさん大体英語を話せるみたいなのでコミュニケーションも問題なく取ることができます。

日本とは違って商売っ気が強い土地もあって、フレンドリーと言うのか何なのか、サービスの押し売りをしてきてチップを要求する人もいるようですが、切り詰めた旅でないのであれば素直にご厚意に甘えてもいいのかもしれません。

ただ貴重品などは当然自分で管理しないとアレですけどね。

画像のようにインドにもお調子者はいるようです(笑)

4.日本がいかに平和で安全かを実感できる

wst1512290003-p3

先にも話したようにインドではカースト制度と言うものがあります。

そのためインドでは女性をレイプするのが当たり前に行われており、深刻な社会問題として捉えられています。

そしてインドは世界2位の人口を誇る国であり、人口が多いとその分良い人も悪い人も多くなり、ぼったくろうとしてくる人やひったくりなどの強盗、また世界でもトップクラスに水質が悪くインドに行くと必ず下痢になると言われるほどです。

このようなことからインドはハマる人と2度と行かない人とで両極端に分かれると言われています。

しかし、逆に言えば日本はもちろんその他先進国にいてはこのような価値観は、いくら本や映像などで知識として蓄えていたとしても実際に自分で見て聴いて感じて見なければ実感することはなかなか難しいことです。

そういったことからもインドは価値観を変えるほど刺激的で、日本がいかに平和で安全な国であるかを実感することができるでしょう。

私は日本クソとか言ったりしますが、じゃあ日本から出るかと言われると祖国だなんだを抜きにしても日本に住んでいたいと思います。

インドは良くも悪くも刺激的でとても魅力あふれる国なので、人々を惹きつけインドにハマってしまうのかもしれませんね。

それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました