心霊番組や動画でいつも思う疑問

sponsord link
エンタメ
この記事は約3分で読めます。

夏と言えば海、山、川などの自然ですが、クソ暑いこの時期ヒヤッとする物も人気です。

例えばアイスクリームやかき氷などの冷たいスイーツや、冷やし中華やざるそばなどの冷たいお食事。

夏はさっぱりした物が美味しい季節です。

しかし、ヒヤッとするのは何も食べ物だけではありません。

そうです。
怪談や肝試しも夏にはつきものですよね。

8月から9月は心霊関連が大人気で毎週テレビで何かしらの心霊番組がやるほどです。

私はそんな心霊番組や心霊動画でいつも、ん?ってなるところがあります。

sponsord link



1つは心霊動画でうわーとか言って霊に襲われるようなシーンや接近される場面がありますが、あの後どうなったんだろうと気になります。

何もないからこんな番組などに投稿するのでしょうが、もし自分があんな目に合ったとしたら普通お祓いをしてもらったり、どうにかして処分するのではないでしょうか。

あんなものをずっと持ち続けていることの方が怖くないですか?

しかもわざわざ人間に近付いたりカメラにドアップになるほど接近する幽霊がいますが、幽霊が元々人間だったのであれば見知らぬ人にいちいちこんなことをするとは思えません。

何か大事なものを壊されたとか、自分のテリトリーに入られたとかならわかるんですが、いきなり人ん家に勝手に上がり込んできて脅かしてくるなんて意味が分かりません。

こんな霊はただの強盗か、逆にめちゃくちゃサービス精神が旺盛な霊かのどちらかです。

私は幽霊とか信じる方ですが、テレビなどで紹介されているものはいかにもテレビ用と言う感じで、やけにプロ意識の高い霊がいるもんだと思ってしまうのでいつも疑問に感じます。

それとテレビなどで心霊スポットに行く企画みたいなのがありますが、あれも疑問に思うことがあります。

例えば霊が出るトンネルなどに行って撮影する場面。

あれで本当に怖いのは、トンネル内に花を置いてあることです。

花があることでいかにも心霊スポット的な雰囲気が出るのですが、何が怖いってあんなところに花を置きに行った人が1番すごいですよね。

番組のスタッフが用意したのか何なのかはわかりませんが、あんなめちゃくちゃ怖い場所に献花する人がいることが1番怖い。

おわりに

最後に心霊現象の豆知識を紹介して終わりたいと思います。

実は幽霊は見ることや話すことはできても、物理的に触ったり触られたりすることはできないらしいです。

ラップ音とか物が動いたとかは、幽霊ではなく妖怪のせいらしいですよ。

嘘か本当かは全くわかりませんが、幽霊は何もできないやつで妖怪はいろいろできるやつと言う違いがあるそうです。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました