政治家も芸能人もアスリートにも共通する成功者になる3つの条件

sponsord link
コラム
この記事は約5分で読めます。

政治家、芸能人、アスリートその他人から尊敬される立場の人や、いわゆる成功者と言われる人にはある共通点があります。

まず1つは「努力」を惜しまないこと。

努力と言っても苦しむことではなく、自分が好きなことを突き詰めるストイックさを持ち合わせているかどうかのことで、例えば人から飲みに誘われても何時までと決めて行動するとか、1日に自分に課したノルマを必ず達成するなど目標を定めこなしていくことを努力と言います。

世間でいう努力は単に苦しむことや、がむしゃらにやることなどを努力と言う人もいますが、それとは別の物だと考えて良いでしょう。

そして2つめに必要なのが「才能」。

才能に関しては持って生まれたものですから親やご先祖様からの遺伝だと考えられ、個人でどうにかなるものではありません。

才能と言うと感覚的なものを想像する人が多いと思いますが、超人的な肉体を持つことや身長なども才能の1つと言えます。

努力と才能、どちらが良いのかはわかりませんが、アスリートでも芸能人でも政治家でもどんな人でも成功した人は両方持つ人が多いのではないでしょうか。

しかし、誰もが努力や才能だけで成功するわけではありません。

sponsord link



いくら努力をしても才能に恵まれていても、あるものがなければ成功はもちろんその道に進む事すらできない場合もあるのです。

それが育った環境。つまり家庭です。

例えば貧乏な家の長男として生まれた人が、いくらサッカーの才能に恵まれ努力をしたとしても、家族を養うために自分が働かなければならないと言うこともありますよね。

仮に働かなくても何とかやっていけたとしても、やはりスポーツをするにはお金がかかります。

道具もそうですし練習するためにジムに通ったり部活やらなんやらでいろいろお金がかかるもの。

これはスポーツだけに限らず学業でも同じことが言えます。

独学で努力をした人よりも当然塾や家庭教師などに教えてもらった方が効率が良く、さらには良い学校に入った方がその分レベルの高い教育を受けることができます。

県立や国立の学校は学費が安い場合が多いですが、その分レベルが低くなってしまったり、競争率が激しく相当努力しなければならないこともありますよね。

このような家庭環境や経済力など、親の七光りを持つことも成功するのには非常に重要なものなのです。

これを「環境」とここでは言います。

ちなみに環境には親の経済力や知名度などを含め「運」とも言うことができます。

今の芸能人や政治家、アスリートなどを見ていると、かなり多くの人がこの3つの条件を持っている事がわかります。

少し長くなったのでまとめると。

  1. 努力
  2. 才能
  3. 環境

これら3つがそろってこそ成功することができるのです。

努力だけでは人は報われません。

甲子園なんかを観ていても、みんな一生懸命努力してここまで来ているのにも関わらず、才能で上回った相手に勝つことはできずに消えていきます。

逆にどれだけ才能に恵まれていても、環境的に続けることが難しく挫折していく人もいます。

また、環境だけ良くたって成功にはつながりません。

いくら親がすごくて親の七光りを存分に使ったとしてもその人個人の能力がなければ成功にはつながりません。

芸能界にも2世タレントがかなり多くなってきましたが、売れていると言えるのは一握りでめちゃくちゃ活躍している人はほとんどいませんよね。

これらはいずれも欠けてはならない重要な条件です。

努力だけでもダメですし、才能だけでもダメ。

努力も才能もあったとしても、環境(運)がなければ成功することは叶いません。

これが正しいかどうかはわかりませんが、少なくとも今の現状成功者のほとんどが親が金持ちだったり親もアスリートや政治家だったり、環境が整っている人が多くいることは少し調べればわかると思います。

現在開催中のリオオリンピックで活躍している内村航平選手も親が体操競技の指導者ですし、今大会最高得点をたたき出した白井健三選手も体操一家です。

また、霊長類最強の異名を持つ吉田沙保里選手もお父さんがレスリング経験者であることは有名な話ですよね。

アスリート以外にも最近腫れて新東京都知事になった小池百合子知事も親が貿易商かなんかのお金持ちのお嬢さんだったと言います。

みなさんもちろん努力をしてきたからこそ今の結果となっているのですが、努力することができる環境で、才能にも恵まれていたことが伺えます。

今回はわかりやすいように有名人を引き合いにお話していますが、これは敏腕営業マンや会社の社長など、他のことにも言える事です。

若くして社長を務めている人の多くは親が金持ちだったり、企業の社長を務めているなど環境が整っていることがほとんどです。

ここまで見るとまるで努力は無駄、才能なんて無駄と言っているように聞こえるかもしれませんが、そうではなくどんな人にも育った環境に合った努力の仕方や方向性、そして才能を持っていると言うことが言いたいのです。

その方向性さえ見つけられればどんな人でもその分野で成功や活躍することができるはず。

成功はなにもお金を稼ぐことや有名になることだけではありません。

人にはそれぞれ成功の形と言うものがあるはずです。

野球の才能がないからと言って、あなたに歌の才能がないわけではありません。

頭が良くないからと言って、あなたに人を笑わせる才能がないわけではありません。

今やっていることの才能がないからと言って、あなたが持つ才能が何にもないわけではないのですから自分の持つ才能を探し、それに向かって努力すれば成功への道は開けるのではないでしょうか。

成功には運も必要なことではありますが、運は一定ではありません。

今運が良くても明日は悪いかもしれません。

明日悪くても明後日は良いかもしれません。

たまたま先にライバルが成功したとしても、自分に運が回ってくる時も来るはずですから一生運が悪い人生なんてありえません。

私は成功者ではありませんので偉そうに言える立場ではありませんが、もしよければこんな考え方もあるんだなぐらいにほんの少し参考にしていただければ幸いです。

それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link



コメント

  1. 太田益次 より:

    いつまでもあると思うな「親」と「カネ」「信用」「幸不幸」・・・いろんな体験:いやな物事や辛いこともあるけれど、それがどんなところでプラスになるかわからない。
    本人の能力なんて周りも自分も気づかない隠れた能力がいっぱいある。

タイトルとURLをコピーしました