「世界の珍しい自然現象」雷が絶え間なく発生する地獄のような湖

sponsord link
雷エンタメ
この記事は約2分で読めます。

sponsord link



現代に欠かせない電気。
電気は自然界ではとてつもない力を持つもの。

自然界で電気と言えばまず真っ先に思い浮かぶのが雷です。

一般的に雷は相当量の雨が降っているときに起こる自然現象ですが、なんと世界には絶え間なく雷が発生する場所があるのです。

その場所は南米ベネズエラにあるマラカイボ湖。

マラカイボ湖には「マラカイボの灯台」と呼ばれる摩訶不思議な自然現象が日夜起きていると言います。

それが雷です。

マラカイボ湖では、絶え間なく雷が発生しており灯台と呼ばれるように大航海時代には実際に灯台のような役割として役立ったと言われています。

しかし、普通雷ってけたたましい轟音が鳴り響き、恐ろしい自然現象の1つですよね。

ここマラカイボでは騒音はどうなっているのでしょうか。

実はここの雷は稲妻で、音のない雷だと言います。

ちなみに今回YouTubeで動画を見つけたので実際の映像をご覧ください。

南米ベネズエラのミステリースポットでスパイダー雷を見た!~『グレートネイチャー』
わずか5分で、驚異の大自然を体感する!!NHK-BSプレミアム『グレートネイチャー』から厳選の圧巻映像集。さあ、あなたも究極の絶景に出会いましょう!!テーマ曲:梶浦由記ベネズエラにある南米最大の湖マラカイボ周辺は、ギネスブックにも登録された世界一の雷多発地帯として知られている。その発生回数は実に年間200日を超え...

いかがでしたでしょうか。

思ったより綺麗だったのではないでしょうか。

ただし音がないとはいえ雷は雷。

落雷による被害がないわけではありません。

ですから実際現場に行くのはリスクがあるのであまりおすすめできるスポットではありませんが、このような不思議な場所があるというのは実に興味深いことですね。

火星がどうのこうのとか土星がああだこうだなどと話題になりますが、ぶっちゃけ私たち人間はまだまだ地球のことすらもほんのわずかしかわかっていないのかもしれません。

今回はマラカイボ湖を紹介しましたが、地球上には他にもたくさんの不思議な場所があるものです。

また機会があれば探しておきたいと思いますので見つけ次第ご紹介させていただきたいと思います。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました