カッコいいも作れる!

sponsord link
エンタメ
この記事は約4分で読めます。

可愛いは作れる!とはよく言いますが、実はカッコいいも作れるんです。

女性は化粧やら服やらオシャレしようと思えば本当ピンからキリまで幅広く、セクシーからかわいいまでいろんなコーデを楽しむことができます。

そう言った背景から女性は変身することができ、かわいいもセクシーも作れちゃいます。

しかし、男性は服のジャンルの幅が狭く女性に比べるとあんまり変身できません。

と普通は思うかもしれませんが、男性もカッコいいは作れるのです。

そもそも女性の言うカッコいいは男性からすれば全然カッコよくなかったりしますよね?

例えばゲスの川谷とか森山未來など、カッコいいかと言われるとぶっちゃけカッコよくはありません。

別にブサイクとまでは言わないにしても言う程かと思うこともあるでしょう。

sponsord link



そう言ったなんでこの人モテるの?と思うような人は意外と多く、不思議に思うことも少なくありません。

しかし、そういう人にはある共通点があります。

それは「髪型」と「スタイル」です。

顔そのものではなく「髪型」と「体形(スタイル)」で女性はカッコいいとかカッコ悪いとか言うのです。

それを証明するように、女性の多くは顔が美人な人よりスタイルが綺麗な人に同じ同性として憧れます。

モデルの人とかって顔はそうでもない人結構いますよね。

でもスタイルはしゅっとしてて足が長い。

そんな人が人気です。

男性に対してもそうで、顔そのものよりも髪型や服装、そしてスタイルの方が重要です。

いくら顔がカッコいい人でも髪がボサボサで服もよれよれだとモテませんよね。

逆にブサイクでも髪型や服装をちゃんとすればイケメンと言われます。

口だけでは信憑性がないと思うのでこれをご覧ください。

20140928_yamada_23

10年ちょっと前に2ちゃんねるの掲示板から話題になって映画化ドラマ化された電車男。

主人公の電車男役が俳優の山田孝之だと言うことはみなさんもご存知かと思います。

見てくださいこの画像。

どっからどう見てもキモイですよね。

絶対モテませんよね。

これが髪型と服装の力です。

そして次は体形がいかに影響するかと言うもの。

映画ターミネーター2で華々しいデビューを果たした「エドワード・ファーロング」ですね。

こいつぁ男から見てもクソイケメソです。

ぐうの音も出ないとはこのことです。

しかしそれが今は見る影もないほどデブ。

顔は変わってないのでよく見るとイケメンなのに体形がデブ。

もはや魔人ブウではありませんか!

体形ってめちゃくちゃ大事ですね。

顔自体はあまり変わってないので痩せればカッコいいはず。

ですが今のままでは有名人補正をなくすとモテませんね。

こうやって見るといかに顔ではなく、髪型、服装、体形の方が重要かがお分かりいただけたと思います。

つまりまとめると。

カッコイイを作るには髪型を自分に合った髪型にしてさっぱりと清潔感を出し、服装も汚いよれよれのシャツやだぼだぼのズボンを脱ぎ捨てシュッとした綺麗なものを着ましょう。

そして身長は仕方がないのでせめてデブでもガリでもなくややがっしりしたスタイルになるため適度なトレーニングを行うことでカッコいいは作れるわけです。

髪と服は今すぐにでも変えられます。

ハゲていても斎藤さんとかモテますし、変にバーコードみたいにしないでいっそ潔く短髪にしてしまいましょう。

体形はその人の生きた証です。

今まで不摂生や運動をせずにいたのならメタボ体形になりますし、しっかり健康的な食事と適度な運動をすれば健康的な体形になります。

自信のある人は胸を張って姿勢がよく、自信のない人は猫背で姿勢が悪くなります。

それらを意識して改善するだけでカッコいいも作れるのでどうせ顔だろとか、どうせ金だろなどと悲観せず変えられるところは変えてみてはいかがでしょうか。

どう変えればいいのかは実際見なければわかりませんので家族や友人にどう変えればいいのか訊いてみましょう。

それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました