sponsord link

現代人〇〇させていただくって言葉を多用しすぎ問題

コラム
この記事は約3分で読めます。

最近〇〇させていただいてる人やたら多くないですか?

させていただくって言葉は丁寧語のような感覚で使っているのかもしれませんが、本来は誰かに何かをする許可をもらってやることを「させていただく」と言うんじゃないかなと私は解釈します。

例えばテレビなどで「取材させていただいた」とか、「イオンで営業させていただいた」などと言うのは間違ってはいません。

取材もイオンの営業も、相手が許可しているからそれをすることができますね。

しかし、最近やたら使われる「〇〇させていただく」は誰に許可もらってそう言っているのか、むしろ誰かに許可が必要なものなの?と疑問に思えることにもさせていただいているのです。

sponsord link



例えば電話。

「先日お電話させていただいた者ですが~」

こんな風に言う人いますよね。

ぶっちゃけその人に電話を許可した覚えはありませんし、電話するのに許可なんて必要ありません。

むしろ許可をいただくために電話してるんじゃないのか?と思えます。

他にも「働かせてもらっている」と言うこと。

その仕事、誰かに許可を取って働かせてもらっているのでしょうか?

これが露店とかテナントでやっているなら「ここで働かせてもらっている」と言ってもおかしくはありません。

ですが、ただ社員として働かせてもらっているとか言ってるのは違和感を感じます。

なぜなら社員として働くと言うことは、会社と契約していると言うこと。

別に会社が働かせてやっているわけでもこちらが働いてやっているわけでもありません。

お互いに利害が一致しているから会社は雇い、社員は雇われ働いているだけ。

同じ仕事でも、上司から仕事をふられて任されたのなら「任せてもらった」とは言えますが、そもそもなんで自分を下げて〇〇してもらっていると言っているのか不思議でなりません。

私は日本語マスターではありませんから「〇〇させていただく」と言う言葉が間違っているのかどうかはわかりません。

もしかしたら私の方が間違っているのかもしれません。

しかし、最近やたらとさせていただいてる人多すぎませんかね。

なんていうか受動的なんですよこの言葉は。

自ら進んでやっている感が少ないのです。

あくまで許可されたから、指名されたから、命令されたから受けた。

みたいなニュアンスが感じるわけです。

それと炎上や批判が怖くて「させていただく」と言っているように思えるんですよね。

「〇〇する」と「〇〇させていただく」では、前者は自分で決めて自分でやっている感が出ているので全部自分の責任です。

しかし後者はあくまで許可もらってますよみたいなニュアンスが含まれているため自分だけが悪いわけじゃないんです感が含まれていると感じます。

別に人の揚げ足取りがしたいわけではないんですが、私個人的にはさせていただいている人を信用できません。

いざというときに知らぬ存ぜぬと逃げるんじゃないかと不信感を感じます。

いちいち人の顔色伺ってさせていただくのは良いですが、させていただいていることによって自分の信用を失っていたり信用を得られないリスクも頭に置いといた方が良いのではないかと思います。

ただ、本当に許可が必要な物などに関してはさせていただくものですから信用もクソもありませんが。

一言でまとめると。

現代人はやたらとさせていただきすぎ。

なんか頼りなく思ってしまいますね。

まあ私も人のこと言えませんが。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました