消費者は強欲な餓鬼道の者、労働者は食って寝て働くだけの畜生道

sponsord link
人生
この記事は約3分で読めます。

果たして日本だけなのか世界中でそうなのかはわかりませんが、少なくとも日本の消費者は非常に強欲であると私は考えます。

その理由は、消費者は安さ、品質、安全性、サービスすべてが良くなければ評価しないからです。

例えばスーパーで売っている食材。

安くなければ文句を言い、品質が劣れば文句を言い、サービスが良くなければ文句を言って生産者や小売業者のことなど一切考えません。

自分たちが良ければいいような考え方で、良い物をより安くより早くより安全でよりサービスの良いものを求めます。

そりゃあ私も安くて速くて良い物をよりサービスの良い場所で買いたいとは思います。

しかし、良い物には良い値段を与えなければそのものの価値は下がってしまうのです。

sponsord link



特に日本はサービス面にはうるさく、高級店だけでなく激安チェーンなどの安い店にまでサービス力を求めます。

安い店でも最低限のサービス力はあった方が良いとは思いますが、安い店で最高のサービスをすることはサービスそのものの価値を下げることになってしまいます。

そのため現代ではサービスにもはや価値などなく、あって当たり前のものになっていますよね。

その結果日本のサービス業はほぼブラック企業予備軍みたいなところばかりになっていて、みんなサービス業で働くのを嫌がるくせに自分は最大限都合のいいように利用します。

また品質と価格に関しても同じで、品質を高いものを安く手に入れようとする強欲さのおかげで物の価値は下がる一方。

マンションとか土地の価値は上がっているのかもしれませんが、食品や消耗品など物の価値は下がっていますよね。

そうして割を食ってるのが小売業の従業員。

物の価値が下がって良い物を安くしなければならないため、利益が取れなくなってしまいます。

しかしサービスの質を下げることは不可能で、別の何かを下げなければなりません。

その結果下げられているのが従業員の給料。

クソみたいな時給で鬼みたいに厳しいサービス力を求められるのです。

サービスの質、物の価値、安全性、速さ、いろんな要素を求めるあまり割を食うのはいつも労働者。

企業の役員だけではなく、消費者も餓鬼道に堕ちた強欲な魔物なのです。

もはや強欲の化身。

そして労働者は畜生。

苦しみばかりが多く楽の少ない者。

食欲性欲睡眠欲しかない畜生なのです。

餓鬼と畜生、どちらも似たようなもんでどっちもまともじゃあない。

六道輪廻はどっかここではない別の場所にあるのではなく、人それぞれ己の中にあるのかもしれませんね。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました