接客業はインフルエンザの予防接種を受けなければならない風潮

sponsord link
コラム
この記事は約3分で読めます。

世の中にはいろんな風潮がありますが、この時期特に気を付けなければならないのがインフルエンザ。

インフルエンザは非常に高い高熱もさることながら感染力も高く近年ではインフルエンザにかかってしまうと学校も仕事も休まなければならなくなりました。

これはきついからとかそういうことではなく、他の人に感染するからです。

インフルエンザが流行すると学級閉鎖になることも未だに少なくありませんよね。

そういった事からインフルエンザは予防接種を受けることが義務となっている所もあるのではないでしょうか。

しかし、世間では予防接種を誤解している人がいます。

sponsord link



誤解のないように言っておきますが、予防接種は感染を予防する物ではありません。

あくまでも感染してしまったときに症状を抑えるためのものなのです。

予防とか言うから勘違いする方もいるのではないでしょうか。

そしてそれと同時に私が言いたいのは、接客業は必ず予防接種を受けなければならないと言う風潮はおかしいと言うこと。

症状を和らげるために予防接種は必要かもしれませんが、予防接種をしたところで感染するリスクは変わりないのですから義務化しようがなにしようが同じなのです。

むしろ下手に予防接種を受けることで症状がわかりづらくなり、ただの風邪だと誤解して仕事に向かう人もいるかもしれないので逆効果とも言えるかもしれません。

そもそもインフルエンザに限らず病欠は悪みたいな風潮がクソなんですよ。

風邪をひくのは自己管理ができてないからとか言いますよね。

ぶっちゃけ風邪ってひこうと思ってひけるものじゃないんですよ。

学生の時に次の日どうしても休みたくてわざと寒くして水風呂に入ったり、頭を乾かさずにびちゃびちゃのままにしたりして風邪をひこうとしたことがみなさんにも経験があるのではないでしょうか?

そういう時に限ってぴんぴんしてますよね。

ですから体調管理がどうのこうのの問題じゃないと思うんです。

インフルエンザに関しても、予防接種をしようがしなかろうがなるときはなるしならないときはなりません。

それに加え予防接種が感染予防ではなく悪化するのを予防するものなんですから無駄と言っても過言ではありません。

よって接客業は予防接種を受けなければならない風潮は、間違っていると私は思います。

ただし、症状を悪化させないためにも予防接種は受けておくのは重要だと思います。

感染を防ぎたいのならマスクや手をしっかり洗うことに注意することをおすすめします。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました