魚をまるまる一匹いただいて困っている人にすすめ隊

sponsord link
エンタメ
この記事は約3分で読めます。

たまに実家からの贈り物やお歳暮などの贈り物で海産物をいただくことがありますね。

カニとかエビ、ホタテとかサザエのような貝類、甲殻類ならそれほど問題なく調理することができるのですが、お魚をまるまる一匹いただいたときぶっちゃけ困ることってありませんか?

魚を一匹いただいたらもうまるまる一匹煮つけにするかそのまま焼くか、もしくは丸ごと揚げるなど調理すること自体は難しくないことですが、鮭や鰤のような大きな魚をいただいた場合まるまる一匹煮るなり焼くなりすることはできません。

どうしても大きな魚の場合はどうにかして捌かなければなりませんよね。

でも魚離れが進んでいる現代人に魚を一匹捌くなんてなかなかできることではありません。

結局難しいからぶつ切りにしたりすることもあると思います。

それでも良いお魚なら美味しくいただくことはできますが、せっかくの良い素材はいろんな調理法でいただきたいものです。

そんな魚の処理の仕方にお困りのそこのあなた!

sponrod link



とってもわかりやすく、かつ無料で魚の捌き方を学ぶ方法があるんです!!

それがこちら↓↓

真鯛(まだい)のさばき方 – How to filet Red Sea Bream -|日本さばけるプロジェクト

YouTubeのお魚の捌き方動画です!( ・∀・ノノ゙☆パチパチ

今回紹介するのは真鯛。

まあなかなか真鯛なんて高級品を一匹まるごといただくことも購入することもありませんが、こういうのって急にいただくものだからこそどうしていいのかわからなくなってしまいます。

ですが安心してください。

今度からは動画を観て、どういう風にやれば捌けるのかわかりますね。

百聞は一見に如かずと言いますが、文字だとわかりづらい部分もこうして動画で観ればわかりやすいと思います。

ちなみに今回紹介した動画は「日本さばけるプロジェクト」といって、日本財団が推進する「海と日本のプロジェクト」の一環として実施しているとのこと。

そのプロジェクトの一環として「さばけるチャンネル」というYouTubeのチャンネルを解説してこのように動画を配信しているようです。

私自身魚ってあまり頻繁には食べないのですが、魚って肉や野菜と違って処理が面倒だとか、難しいってイメージがあると思うんですね。

子どもなんかも魚は骨があるから喉にかかって嫌いっていう子どももいますが、魚そのものが嫌いなわけではないと思うんです。

それは子どもだけではなくて大人もそうです。

そういうイメージから魚離れが進んでいるところもあると思うんです。

でもそれって知らないからこそ余計に難しく考えすぎたりしてしまっていると思うんですよね。

ですからこうして動画などで目にすることで、魚を身近に感じること。

これだけでもイメージは変わると思うんです。

私も実際魚を捌いたことはありませんし、捌けと言われてすぐにできないと思います。

しかしこうやって動画として観て知っただけでも魚を扱うことに抵抗は少なくなってきました。

これも食育というやつなのかもしれません。

ともあれ、こうしてネットで情報を得る機会が増えてきている時代ですから今後もし万が一いただきもので魚を一匹まるごといただくことがあっても、ネット環境があれば動画で調べることができます。

もしお魚をどうしたらいいのかわからずにお困りの方がいればぜひ動画を観たり、調理法などを調べてみてはいかがでしょうか。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました