闇営業について思うこと

エンタメ
この記事は約4分で読めます。

今世間で最も話題になっている
ことのひとつに吉本の芸人による
闇営業問題があります。

一時は収まったかのように
思ったこの問題は先日あった
宮迫と亮の2人による突然の
会見によって大騒ぎとなりました。

事の発端は週刊誌に吉本の
芸人数人が反社会組織の宴会に
参加し、しかも金銭の授受が
あったとスクープされたことがきっかけでしたね。

その後反社会組織と繋ぎ合わせた
人物としてカラテカの入江を
解雇として宮迫ら関係者数名を
謹慎処分として鎮火を図りました。

あれから情報番組などでも
取り上げられ、芸人仲間や
その他芸能人たちからも賛否の声がありました。

ネットなど一般のファンや
視聴者も様々な意見を述べていて
反社会組織と知らずに行った
だけでここまで責められるのは
厳しすぎるのではないかという
意見も目にしました。

そんな中先日急遽会見が行われ
嘘をついたことに関しての謝罪と
吉本側から圧力があったことを
暴露したわけですね。

それから各テレビ局でも
大きく取り上げられて
ネットでもかなり注目され
大変大きな話題になっています。

ここまではこれだけ連日
放送されていたら言わなくても
おわかりかと思いますが、
実際この問題のどこが悪くて
何がいけないことだったのでしょうか?

結構いろいろ重なってて
思ってるより単純な問題では
なくなっちゃってるんですよね。

この問題でまず大きいのは
反社会組織とのつながりです。

報道によるとこの組織は
オレオレ詐欺など特殊詐欺の
グループと言われています。

詐欺被害者から巻き上げた
お金がギャラとなっていると
捉えられていることと、
こういった組織と関りがある
ということはイメージダウンに
つながります。

宮迫さんはガンのCMをやってますし、多くの番組を持ってますからその番組のスポンサーのイメージダウンにもつながります。

スポンサーには銀行なども
ありますからかなり影響が
大きいことが予想できますね。

芸人とはいえ芸能人は
イメージ商売なのでこれでは
CMも番組も起用しづらく、
今あるものは契約期間内の
不祥事なので違約金も
発生するかもしれませんね。

一方で反社会組織側は芸人と
交流があるということで
クリーンなイメージを与える
ことができます。

これに加えて闇営業は
事務所を通さない仕事なので
本人の責任が大きいということになります。

でも芸能事務所は吉本側も
言っていたようにファミリー
のようなもので、タレントや
芸人たちは子、事務所は親、
といった関係性とも言えます。

子が悪いことをすれば親が謝るようなものですね。

なので芸人たち本人だけの責任とも言えないのかなと思います。

とはいえ親の言うことを聞かずに
勝手にやらかしたのは自分たちで
子とはいえいい大人なので責任は
とらないといけないです。

なので謹慎や引退といった形で
責任を取ることも考えられる手段のひとつなのかなと思います。

でも闇営業自体が悪いわけではないと私は思います。

闇営業って言い方が明らかに
悪いもののような言い方に
聞こえてしまいますが、
例えば友達とか知り合いに
頼まれて軽く出ることも
事務所を通さずギャラも
発生するなら闇営業になっちゃいますね。

なので闇営業と一口にまとめているけど、今回の騒動の場合は闇営業そのものではなく「反社会組織とのつながり」という部分が大きいと言えます。

少しまとめますと、

1.反社会組織から金銭を受け取ったこと

2.所属事務所とスポンサーの顔に泥を塗ったこと

3.マネーロンダリング(資金洗浄)と反社会組織のイメージアップに加担したこと

ここが今回の問題点になると思います。

このことから今後闇営業をした
芸人さんたちはファンや視聴者が
許しても雇い主の吉本やその上の
株主、あるいはスポンサー側が
どう思うのかによって、
復帰しても以前のように
活動することは難しいところは
あるかもしれません。

芸能人はファンや視聴者を
相手にした商売ではありますが、
その芸能人が活躍する場
となるテレビ番組やラジオ、
雑誌やイベント等は提供する
スポンサーがいてこそのものです。

いくら客がいても披露する場の主が嫌がれば芸を披露することができません。

今回この闇営業問題は
吉本社長のパワハラ発言が
発覚したことによりうやむやに
なりかけている側面がありますが
今後どのようになっていくのか、
そしてどのように身を振って
いくのかまだまだ先が見えず
この話題ももう少し続いていくのかもしれないですね(´・ω・`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました