プロフィール

この記事は約4分で読めます。

名前:ふぃりを

性別:男性 年齢:20代

趣味:インドア派

職業:タロット占いカウンセラー

はじめまして!

はじめまして、タロット占いカウンセラー「ふぃりを」と申します。

プロフィール画像
昔夜の仕事をしていたころ人には普段明るく充実しているような人でもいろんな悩みがあって、人には言えない悩みを抱えている人もいることを知りました。

私は昔から仲間に囲まれて楽しそうにしている人やそういった輪に入っていくよりも、隅の方で1人でいる人に話しかけたり気になってしまうタイプで、悩んでいる人を見るとお節介ではあるのですが何に悩んでいるのか何か力を貸すことができないかと考えてしまうタイプで、そういった人に向けて何かを発信したりお話を伺ったりしてみたいと思ってブログやタロットを使ってカウンセリングをするようになりました。

ブログでは自分が思ったことや知ったことを書いたり、たまに何かご質問をいただいたことをお答えしたりと、生活や社会的にこれを読めばためになるとは言えないかもしれませんが、日々の生活の中でちょっとだけ役に立つことや人間関係でちょっとだけ楽になっていただけるようにとお話していきたいと思っています。

口下手で文章力も拙いですが、よろしくお願いします。

それから私は占いもやりますが、占いとカウンセリングは似ていると思っていて、分けてやることもありますが分けずにどちらも行っていくこともあります。

ご相談して下さった方の意向を汲んで、タロットを使ってカードからのメッセージをお伝えしつつお悩みをお話いただくことも、カードは使わずにお話させていただくことも、どちらも本質としては同じことだと思います。

現状は占いはココナラという別サイトの方で行っていて、カウンセリングはこちらのブログにあるお問合せフォーラムからご依頼いただき、メールでのやり取りとさせていただいておりますのでもしよろしければお気軽にご相談いただければと思います<m(__)m>

私がカウンセラーとして抱く野望

※長いので結論を記事の下の方にまとめました↓

私事ではありますが、私が明確にカウンセラーを名乗らないのには他にも理由があります。

その理由とは、カウンセリングを受ける人は、もう自分の周りではどうしようもないと思ってカウンセリングを受けることが一般的だと思いますが、本来はそうなる前に受けるのがベストなんです。

カウンセリングと聞けば、「病んでる」「頼れる人がいない」「精神病患者」など重く捉えるのが一般的で、周りにカウンセリングに通っているとは言いづらいと言うのが現状です。

それに加え、実際にカウンセリングを受けるご本人も、自分がカウンセリングを受ける=もう普通じゃないと言った認識をされる方も多くいるのが現状としてあり、私はそれの認識を変え、1人1人のコミュニティーに、「家族」「友人」「恋人」「カウンセラー」と言うように、仮に心の病や誰にも言えない悩みを抱える人ではなくても、生活の一部にカウンセリングがあるような世の中にしたいと考えています。

つまり私の野望は、カウンセラーをより身近に、心の病や悩みの相談だけでなく、人が何の気も遣わずにただ話をするための存在として、ときには懺悔室のように、ときには愚痴を吐くため、またときには悩みを打ち明け自分の中で整理をするために行うのがカウンセリングだと言う風にしていきたいと思います。

いくら家族や友人など仲の良い人がいても、毎回愚痴を言うわけにはいきませんし、悩みを相談しても相手に気を使わせてしまったりして、考えなしにしてしまうと、人間関係を崩してしまうことになってしまうことがあるのはみなさんご存知かと思います。

そんな気を使いながら生きていては肩身が狭く、苦しくなってしまうので、私はその隙間を埋めるためにカウンセラーを日常の生活に取り入れるのを勧めていきたいと考えています。

少し長くなってしまいましたが、カウンセラーを身近な存在にしよう、と言うのが私の野望です。あなたがもしカウンセリングに抵抗がある、少し不安、もう戻れないように思えて怖いとお考えなら私でもいいですし、他のあなたにとって合いそうな人にカウンセリングをお願いしてみてください。

きっと思っていたよりも重たいものではなく、気軽にできるものだと感じるはずですから。

結論

あーだこーだありますが、人の助けになることを出来るだけすることを目標にやっていくと言うことです。

大したものではありませんがサポートしていければと思います。

「あなたの応援が力になる」SNSでフォロー・いいねなどよろしくお願いいたします

もし私に興味をお持ちいただけたらTwitter・Google+などもやってますのでそちらも良ければフォローお願いします。
なお、カウンセリングをご希望の方はサイト上部やサイドバーにあるお問合せからメールを送信していただくようよろしくお願いいたします。

何か気になる点やご質問等ご連絡いただければお返しいたしますのでお気軽にお申し付けください。みなさまからお便りが届くと密かに嬉しいです。ご連絡お待ちしてます。

タイトルとURLをコピーしました