sponsord link

上手く進まないことに不安になる気持ち

コラム
この記事は約4分で読めます。

人にはそれぞれ目標って
あると思うんです。

勉強だったり仕事だったり
趣味のことや人間関係など
いろんな目標がありますね。

人生にはいろんな悩みが
あるけれど、悩みの多くは
目標に上手く近づくことが
できていないこと。

なかなか進展がないことが
悩みの大きな括りになって
いるのではないかと思います。

そういった悩みはみなさん
一度は経験したことがあると
思いますし私自身もそうした
悩みを持つことはあります。

しかし、私含めみなさんにも
お伝えしたいのは進展があまり
なくてもそんなに悩まないで
ということ。

というのも、現代はいろんな
ことでスピードがとても速く、
情報もたくさん入ってきます。

そのため比較対象が多くなり
まるで自分の進む速度がとても
遅いように感じてしまうことも
あると思うんですね。

今の世の中10代や20代前半
からとても活躍していて優秀な
人はたくさんいます。

できれば早く目標を達成したい
ものではありますが、その目標と
比較する相手を間違ってしまうと
いつまで経っても進んでいない
ように感じてしまいます。

高すぎる目標と
無謀なスケジュールは
自分の身を滅ぼします。

目標って希望の光でもあり
場合によっては絶望の闇にも
なり得るものだと思うんですね。

なんで私はこんなに頑張ってる
のにあの人はあんな適当で私より
どんどん進んで行くんだと思う
こともあるかもしれません。

でも、自分の目標の達成に
周りの人はあまり関係ない
こともありますよね?

他所がどうであれ私は私で、
他所の進行状況が私の目標
なのではありません。

周りと比べることは悪いこと
ばかりではありませんが、
それによって焦ったり
劣等感を感じるのであれば
周囲と比べることは良くない
ことだと思います。

もし比べるなら自分と
比較してみてどう違うのか、
良いところは真似して悪い
ところはそうならないよう
気を付けて、もし技術的な
面で劣っていないのに
自分の方が進まないのであれば、
どこか相手の方が恵まれている
何かが必ずあるはずです。

例えば資金力やかけられる時間。

環境やリサーチ力など、
何かしら優れている部分が
あるはずです。

そのポイントを見つけさえすれば
改善することもできますし、
もし改善できない部分だったと
しても漠然とした不安や劣等感を
抱かずに済みますね。

そして、周りと比べること以外にも
上手くいかずに進まなくて不安を
抱えることもありますが、一度
立ち止まってみてください。

もしかしたら自分が思っている
より進んでいるかもしれませんし、
もしかしたらそんなに焦る必要は
ないのかもしれません。

3年続けてみないとわからない
というような言葉がありますが、
あれって何も悪いことではなく
3年ぐらい経ってやっとわかる
ことや見えてくることがあって、
今は全然進んでないと思っても
3年ぐらいして振り返ってみて
はじめて気が付くことがある
ということなのではないかと
思います。

3年経ってなくても一度
立ち止まって振り返ってみると
今思っていることとはまた
違ったものが見えてくるかも
しれません。

進むことばかりを考えがちな
世の中ですが、時には進むだけ
ではなく立ち止まることや
振り返ること、戻ってみること
なども必要なのかもしれません。

意識してみると意外と進むこと
より止まったり戻ることの方が
難しかったりします。

もしなかなか進まず焦りを感じて
いる人や不安を抱えている人が
いらっしゃいましたら、ここで
お話した立ち止まることや
戻ることなどを意識して実行
してみてください。

急がば回れ、回るは近道、
急いては事を仕損じると言った
ことわざもあります。

真っ直ぐ突き進むことだけが
正解ではないと思いますので、
あまり焦らず不安に
押しつぶされずにいてください。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました