非通知からの着信は一体なんなのかを調べてみた

sponsord link
生活
この記事は約2分で読めます。

sponsord link



sponsord link

みなさんは非通知の着信が入っていたことはありますか?

携帯電話は着信があれば番号が表示されるのが当たり前ですが、電話がかかってきたと思えば非通知と表示され、そんな番号からかかって来ても誰も取らないんじゃないかと疑問に思いました。

しかもこのような着信の多くはいわゆるワンギリで、かかってきた瞬間にすぐ切れます。

非通知なのですからほぼ100%かけなおすこともなく、そもそも取るはずもない番号からの着信。

一体だれが何のためにやっているんだろうと疑問でしたがその意味が判明しました。

その意味とは。

電話番号が使われているかどうかの確認のためにかけているのです。

電話番号って、使われているのか使われていないのかかけてみなければわかりませんよね。

何か買って、配送しなければならないとき、銀行で口座を開くとき、ローンを組むとき、様々な場面で電話番号は必要になってきます。

そう言ったときにもし電話番号が止まっていたり、違う番号だった困ります。

そう言った電話をする前に、まず専門の業者に確認させる作業を委託します。

企業が控えている電話番号の数は相当多いと思われます。
自分たちでやるよりも、お金を払って業者にさせた方が効率がいいですよね。

つまり営業の電話をする前に、その電話番号がちゃんとつながっているかどうか確認して営業するわけです。

番号がつながっているかどうかだけわかればいいので、ワンギリですまし、なおかつかけなおして来ても困るので非通知でかけているのです。

これで意味がわかりましたね。
しかし、それは良いとして、夜中にかけてくる事もあります。

恐らく機械的にやっていると思われるので、いたずらなどではないと思うのですが、どちらにせよ夜遅くに鳴ることもあって迷惑なので止めていただきたいところです。

以上が非通知からの着信のヒミツでした。
それでは今回はこれで以上です。
また次回お楽しみに。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました