sponsord link

熱中症対策にスポーツドリンクを飲むとき気を付けたいこと

コラム
この記事は約3分で読めます。

いや~最近暑いですね。
この前まで季節外れの雪だとかなんとか言っていたかと思えば季節はすっかり夏です。

私個人としては夏はあんまり好きではないのですが、なんで好きじゃないかと言うと何を隠そう暑いからなんですね。

暑いと汗がダラダラと出て気持ち悪いですし、汗はニオイも出ます。

スポーツとかで汗をかく分には良いですが、普通に歩いているだけで汗が出るのはちょっと勘弁していただきたいところです。

ですが、夏が暑いのは仕方がないこと。

汗をかきたくなくても汗をかかないと体温が上がりすぎて大変です。

夏になると必ずニュースなどで騒がれる熱中症も怖いです。

ですから汗をかいたときには必ず水分補給をしなければなりません。

そんな時に役立つのがスポーツドリンクですね。

sponsord link



スッキリとした味わいで、スポーツドリンクと言うぐらいですから体に吸収されやすく汗で失った水分を瞬時に補給することができます。

そのため熱中症対策としてもすぐれていて、なおかつ味も美味しく夏にはとても重宝します。

しかし、スポーツドリンクを飲むときにはいくつか気を付けなければならないことがあります。

その1つが「薬を飲む」ことです。

なぜスポーツドリンクを飲むときに薬を飲むのを気を付けなければならないのかと言いますと、スポーツドリンクは先ほどお話したように体に吸収されやすくなっています。

スポーツドリンクと一緒に薬を飲んでしまうと薬が吸収されやすくなりすぎてしまうので注意しなければならないのです。

これは関係あるのかわかりませんが、スポーツドリンクの多くはグレープフルーツなどの柑橘系の味となっています。

薬を飲むときに柑橘系はダメで、特にグレープフルーツは体に吸収されやすくなりすぎて薬を飲む際には食べてはいけません。

なのでいくらスポーツドリンクが熱中症対策に良いからといって、普段から薬を飲んでいる方は薬を飲む時間と時間をずらすなど工夫して飲む必要があります。

みなさんも薬とスポーツドリンクは一緒に飲まないようお気を付けください。

それと、スポーツドリンクがいくら熱中症対策に良いからと言って飲みすぎるのもいけません。

甘さ控えめとはいえスポーツドリンクには多少の砂糖も入っていたリするので、あまり飲みすぎると糖尿病などのリスクもあります。

体に良いと言っても時と場合によっては体の毒となる可能性もありますので、幾分かは注意して飲むようにしていってください。

あと、これはあまりしないとは思いますが、お酒と一緒に飲むのも危険です。

もうお分かりかと思いますが、アルコールの吸収が早くなるため急性アルコール中毒などのリスクが高まります。

いくら美味しいからといってスポーツドリンク割などはしないようにしましょう。

今年の夏はどんな夏になるのかわかりませんが、どうせ今年も夏は暑いのでみなさんも熱中症対策をすると同時に、スポーツドリンクと薬を一緒に飲まないようにお気を付けください。

それではまた。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました