グルメ志向に要注意グルメハラスメントのウザさ

sponsord link
ハラスメント関連
この記事は約5分で読めます。

みなさんはグルメハラスメントってご存知ですか?
通称グルハラと呼ばれ、巷で話題ととなっている食に関するハラスメントのことですが、昔で言う鍋奉行焼き肉奉行のような人を指す言葉が今注目されていてます。

以前男も女も料理上手アピールは面倒くさいし正直反応に困ると言う記事を投稿しましたが、料理好きをこじらせて人の食べ方や調理の仕方にちゃちゃいれたり、グルメに関するうんちくを語り出すとても面倒くさいタイプのハラスメントとなっています。

食にこだわりも持つのは自由ですが、それを人に押し付けるのは迷惑以外のなにものでもありませんよね。

今回はそんなグルメハラスメントについてどういったものなのかお話したいと思います。

sponsord link



sponsord link

正直ウザいグルメ野郎グルハラとは

みなさんの周りにはこんな人いませんか?
食事に行くとこの店のこれがうまい。
こうやって食べるのが一番うまいと、鼻息荒くグルメについて語る人。

誰だって不味いものよりもおいしいものを食べることが良いと考えると思います。

しかし、おいしいと感じるかどうかは人により違い、自分に合ったものが一番いいと思うのではないでしょうか。

グルハラをする人は、その人の感性を他人に押し付けまるでそれが正しい、最高かの如く言ってきます。

例えば焼き肉に行って、焼き加減がどうとか、これはタレ、これは塩、これはそのままでなど何かと食べ方焼き方を指定していざそうするとドヤ顔でうまいどろと自慢げに言ってくる人がいます。

確かにその食べ方おいしいのかもしれません。
しかし、中にはマヨネーズをたっぷりかけて食べたい人や、しかり火を通して食べたい人もいますよね。

一般的においしいとされる食べ方でも、自分に合うかどうかは別の問題です。

このような食べ方だけでは済みません。
料理をするときにグルハラ野郎はいちいち横からちょっかいだしてきます。

火をつけるタイミングがどうとか、切り方はこう、持ち方がああ。
ああでもないこうでもないと横からちゃちゃを入れ、しまいに自分がやると言いだして自分でやり始めます。

そうやってできたものをドヤ顔で出し、どう?と聞いてきます。

ぶっちゃけうまいとしか言いようがありませんよね。

ここでうるさいとか横やり入れないでなどと言えば空気が悪くなります。
もし出来上がったものが大しておいしくなくても微妙とか不味いとは言えません。

グルハラは、おいしさを追及するあまり食事の喜びの本質を見誤っているのではないでしょうか。

私が思うに食の喜びとは、楽しく気の合う人と食べることで環境が大事だと思います。

いくらおいしい調理法、おいしい食べ方だとしても、それを強制されれば楽しくありません。

なぜなら、こうしろああしろと言うのは、暗にそれが間違いであると否定していることになるからです。

またグルハラはこれだけにとどまりません。
調理法や食べ方の外に、味にうるさいのもグルハラの特徴の1つです。

グルメ家気取りでもうちょっと塩気が欲しいかな。
とか、これは味がケンカしちゃってるねなど。
いちいちコメントしないと気が済まないのかと言いたくなるような人が多く見られます。

よりおいしいものを食べたいと願うのは当然です。
しかし、自分でそのハードルを上げてしまい、おいしいものを食べると言う喜びを感じづらくさせているのではないでしょうか。

おいしいものって今の時代ものすごくたくさんあります。
極端な話、コンビニのお惣菜や弁当、ファストフードもおいしいものに違いありません。

しかしグルハラ野郎はこう言った庶民の食べ物や食品添加物が入ったものをバカにし批判します。

飲食店や食品を扱う商売をして、不味い所があると思いますか?
不味いもの売って商売成り立つと思いますか?

商売でやっている以上、企画を通しサンプルを作り試食して販売するまでに至っています。

不味いものであれば試食段階以前に許可されないのではないでしょうか。

どんな不味い飯でも気の合う仲間とワイワイ楽しく食べる料理は、どんなに高級なレストランで食べるものよりも勝ると私は思います。

逆に自分が楽しい気持ちになれず嫌々ながら食べる料理は、どんなに素晴らしいミシュランに載るようなお店の料理でも不味いと感じてしまうのではないでしょうか。

奥さんの料理が不味い親の料理が不味いと文句ばかり言っている人は、その心を改めない限りおいしいものを食べたときの感動も半減してしまうと思います。

料理は作るだけではなく食べることも合わせて料理です。
料理は真心と言いますが、食べる方も真心がなければ本当においしいものにはならないのではないでしょうか。

本当に相手においしい食べ方を教えたいのなら、相手に合った食べ方を提案するのが真のグルメ。

自分に合った方法しか話せないのならそれはグルハラだと言わざるを得ません。

うんちくを聞かされるのはみんなうんざりなんですよ。
ただ意見するだけなら子どもでもできるんですよ。

それを改善したいのならただ言うだけではなく、具体的にわかるように言って、相手に伝わるように言わなければ意味がありません。

グルメをこじらせ語っているその姿。
正直ウザいと思われてるかもしれませんよ。

最後に1つだけ言っておきます。
おいしいものを食べたいと思うことやグルメであることが悪いのではありません。

グルハラがウザいだけの話です。
みなさんもこじらせないようにご注意ください。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました