タロットリーディングのコツ カードの強弱で流れをつかもう

sponsord link
タロットリーディングのコツ 画像占い
この記事は約5分で読めます。

タロットに慣れてきて小アルカナも使ってみるとつまづくポイントがあります。

例えば恋愛を占っててカップの2が正位置で出て「やったー」って思ったけど、一緒に恋人の逆位置も出ていた。

こんなときってどう読んでいいのかわからなくなってしまうことありますよね?

こういうときはまずカードの強弱を意識してみるといいかもしれません。

特に大アルカナと小アルカナの強弱は意外と見落としがちなポイントです。

ちなみに上記の例だと「カップの2正位置」は気持ちが通じ合っていると読み、「恋人の逆位置」は他にも候補がいて迷っている。
という風に読めます。
sponsord link

リーディングに困ったときはアルカナに注目

タロットにはそれぞれ強弱があります。

小アルカナよりも大アルカナ、そして数字が大きくなるほど強いものとなります。

  • 大アルカナでは0~21
  • 小アルカナでは1~10+ペイジ~キングまで
大アルカナは立場などの名称から力などの概念的なもの。星などの天体や、審判・世界と個人的なものからどんどん抽象的なものへと変わっていっています。
小アルカナはキングになるまでの物語といった感じで見るとわかりやすく、1(A)から始まり出会いや協力、失敗などを経てキングになっていきます。

なので数字が小さいものよりも大きなものの方がより大きく広いものとなります。

リーディングのコツは流れを見つけること

例えば恋愛で相手の気持ちをケルト十字で展開したとします。

  • 顕在性に「ソードの6」
  • 潜在性に「カップの4」
  • 障害に「ワンドの7」
  • 未来に「愚者」

こんな感じで出たとしたら

全体的になんだか暗い感じだし、悩んでいるみたいだしやっぱりダメかも…

と思うかもしれませんね。

気持ちを表す「顕在性」や「潜在性」に好意が表れていないと気がないんだって思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここで強弱を意識してみてみると、未来に愚者が出ているので未来に強い流れが向いていると考えられます。

こういった流れをみつけていくのがリーディングのコツです。

流れをみつけるためにはタロットの強弱に注目してみるとわかりやすいです。

もしも障害に大アルカナのカードが出ていたのなら、障害が強くはたらいていると読めます。

環境に大アルカナが出ているなら環境が強くはたらいていると読めます。

大アルカナは強いカードですので、そこに注目してみると全体を把握しやすいです。

カードが出ている場所も大事ですが、まずは強弱を意識してみるとスッと読み解けるようになります。

小アルカナの強弱

大・小の強弱はわかりやすいですが、小アルカナのなかでの強弱はイメージしづらいかもしれませんね。

小アルカナの場合はトランプをイメージされると良いと思います。

トランプは「ハート・ダイヤ・スペード・クラブ」の4つの種類と「1~10の数字にJ・Q・Kの絵札」といった構成になってますよね?

タロットは「ワンド・カップ・ソード・ペンタクル」の4種類に「1~10の数字」と「ペイジ・ナイト・クイーン・キング」のコートカードがあります。

ちなみに1~10の数字はヌーメラルカードと呼びます

小アルカナの強弱は大きい数字がどこに出ているかに注目します。

過去・現在・未来のなかで、どこに大きな数字が表れているか。

また、同じスート(ワンド・カップなどの種類のこと)のカードが複数出ているときに、大きな数字が出ているのはどこか。

コートカードは人物を表すカードなのでヌーメラルカードとは別として見るようにした方がわかりやすいかもしれません。

強弱=意味の強さではない

ここで注意点として「強弱は意味の強さ」ということではありません。

例えば似たカードでワンドの2とワンドの3があります。

どちらも未来を見据え、より広く発展していこうとするカードですが、単純にワンドの2よりもワンドの3の方が発展するということではないんですね。

イメージとしては、

まずワンドのエースで旗揚げしてスタートを切りました。

 

少し小高い場所へと進んで「さてここからどう進もうか」と遠くを見渡します。

さらに進み冒険にもなれてきて「これからは海を渡ろうか山を越えようか」と、もっと広い視野で進む方向を見渡す。

こんな感じのストーリーをイメージします。

ワンドの2は少し狭く、より具体的な目線で次のステップを見ていて。

ワンドの3は広い視野で見えない向こう側を意識して進もうとしている。

ワンドの3の方が強く感じるかもしれませんが、そもそも小アルカナなのであまり強く読みすぎないように注意です。

小アルカナの強弱はカードの意味の強弱というよりも、あくまでここがポイントだという目印みたいなものとして考えておきましょう。

慣れないうちは小アルカナを強く読みすぎることをやりがちです。

あくまで小アルカナだということは覚えておいてください。

タロットカードは流れを意識すると読みやすい

今回のポイントとしては「流れ」を意識することを覚えていただければと思います。

大アルカナと小アルカナでの強弱や、小アルカナ内での強弱など、どちらもリーディングの起点や要点を意識しやすくなるための方法です。

ただ並べてパッと見て全部わかる人もいるかもしれないですが、ほとんどの場合要点をいくつか見つけて読み解いていくことが多いです。

  • 「あ、ここに大アルカナが出ているな」
  • 「今回カップが多いからここを起点にしてみよう」
  • 「こっちでは2だったのが未来の方では7になっているな」

という風にみると

大・小の強弱や数字の強弱をみながら読むことにより、過去・現在・未来の変化や気持ちの移り変わりなどの流れがみえてきます。

大アルカナが複数出ている場合も大アルカナの数字が大きいものを起点としてみてみましょう。

カードの強弱で流れをつかんでいけば、ケルト十字やヘキサグラムなどの複雑なスプレッドでも読み解いていけるようになりますのでぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました