例え嫌われていても悪い人でも正しいことをするのは正しい

sponsord link
日記
この記事は約2分で読めます。

熊本の地震からはや1カ月が経とうとしています。
多くの方からの支援やボランティアなどにより復興も徐々に進んでいるように見られます。

今回の震災では「不謹慎」と言って自粛ムードを醸し出すことは、多くの著名人の方が声をあげたこともあり少なくなったように見えますが、一方で別の問題がネット上で見られます。

芸能人が支援金を送ったり、ツイッターなどで震災に関する情報を流すことを叩く人がいるようです。

それは不謹慎と言うことであったり、偽善者だと批判することであったり。
責任がどうとかこうとかいろいろ言われているみたいですね。

確かにそうして叩くこともわからなくもないのですが、その人が偽善でやったことであれなんであれ正しいことをしたのなら、それは正しいことなのではないでしょうか。

sponsord link



その行いで誰かが助かったのなら、それはありがたいことなのではないでしょうか。

あくまで私の個人的な意見なのでみんながそう思うかはわかりませんが、悪い人が良いことをしても、良い人が良いことをしても、どちらも良いことには変わりないと思います。

極端な話よこしまな考えであったり詐欺などで得たお金を支援で送っていたとしても、それは支援であることには変わりありません。

日本人がそうなのかなんなのかはわかりませんが、偽善で行ったことだとしてもその後その悪い人が悪いままなのかはわかりません。

悪い人のままなら悪い人ですし、それを機に改心するなら元悪い人です。

端から拒否するだけでは一生悪い人は悪い人のまま改心することはできません。

まあ悪い人はそもそも支援とかしないとは思いますが、芸能人も嫌いだからとか生意気だからと言うような理由で正しいことを行っている人を叩くだけでは一生その人はそのままです。

もしかしたら本当は変わって欲しくないだけなのかもしれませんね。

ずっと叩いていたいからそうするのかもしれません。

その辺はエスパーじゃないのでわかりませんが、正しいことを正しいと言えないような風潮はどうかと思います。

どんな人でも正しいことをすることは正しい。
そう言える世の中であって欲しいと願います。

どこの馬の骨かもわからないやつのたわごとにすぎませんが、1億3000万分の1の意見としてここにひっそりと残しておきたいと思います。

sponsord link



コメント

  1. いや、私も同じこと考えてました。

    どんな人がどんなつもりで送ったお金でも、届けばそれは何の変わりもない支援金。同じように正当に使われます。

    それに・・・支援したら、ちょっと売名くらいいいやん。

    とも思いますしね^^

    • ふぃりを(旧S.N) より:

      はるまっきさんこんにちは(^^)/コメントありがとうございます。

      お金はお金で支援は支援。
      どのような意図があって送ったにせよそれには変わりないと思いますし、
      こういう系で騒ぐのって私もそうですが、結局被災者ではない人達です。

      被災者が汚い金なんかいらねぇ!って言うなら仕方ないなと思うのですが、
      外野があーだこーだ騒ぐようなことではないかなと思います。

      売名とかイメージアップとかしたら何が悪いんだってことでもありますし、
      最近の芸能人叩きはちょっと目に余りますね(^^;)

タイトルとURLをコピーしました