sponsord link

良い占い師と悪い占い師の見分け方

エンタメ
この記事は約3分で読めます。

みなさんは占いをする際に何を基準に選びますか?

例えば的中率。

やっぱり占いは当たる人の方が良いですよね。

少なくとも当たらない占い師に相談したいとは思わないと思います。

他にも値段も大事ですね。

いくら当たる占い師でも料金が自分の出せる上限を超えてしまうと占ってもらうことができません。

それからどんな占いをするのかも大事です。

sponsord link



自分の持つ運命的なことが知りたいのなら命術、相手の気持ちなど普遍的なものが知りたいのなら卜術、そして自分の持つ性格や傾向を知り変えたいと思うところを変えるには相術といった用途に合わせて占いの種類を選ぶことも大切です。

しかし、それら以外にも良い占い師と悪い占い師を見極める大事な要素があります。

それは、相談者の心に寄り添うことだと私は思います。

なぜ私がこういった占い師が良いと考えるのかと言いますと、私は占いは一種のカウンセリングだと考えているからです。

普通占いに来る人は悩んでいる人、困っている人、迷っている人が占いに来ます。

周りの誰にも相談することができなくて悩んでいて、自分だけではどうにもできずに困っていて、どうしていいのかわからずに迷っているから占いに来ます。

つまりなにかを相談しに来るのだと思います。

そんな相談者の心の寄り添って、悪い結果が出ていてもしっかりとフォローを入れつつお伝えし、良い結果が出ているのならそれを少しでもご安心いただけるように伝えることが大切なのだと思っています。

私含め占い師も人間なので合う人合わない人がいて、どうしても無理な人もいます。

ですが、悪い結果をただあー未来に死神のカードが出ているのでダメですね。

などと突き放すような言い方をするのは良くないと思います。

私もそういう風な対応をしてしまったことはあります。

ですから人のことをこういうやつは悪いなどと偉そうに言えた口ではないのですが、そのことを反省して考えた結果がこの結論に至ります。

まだこれが必ずしも正しいと言えるほどパーフェクトな人間ではありませんが、少なくとも今の時点ではこれが正しくてこうしていこうと目指しているものであります。

一般論としてはこれが正しいわけではないのかもしれませんが、私は良い占い師の見極め方は相談者の心に寄り添うことができているかどうかなのではないかと思います。

そして、自分自身もそのような人物でありたいなと願い目指してます。

もし占い師をどう選べばいいのかわからないという方がいらっしゃるのならよければご参考にしていただければ幸いです。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました