店員にため口を使う人が嫌われるけど

sponsord link
コラム
この記事は約4分で読めます。

ネットではちょくちょく話題になることなのですが、クレーマーはもちろん店員に対して偉そうな人が問題視されている中、店員にため口でなれなれしい人も嫌われる傾向があります。

店員にため口を使う人もどうかと思うのですが、私は店員がお客さんにため口を使うのもちょっとどうなのかなと思います。

あまり見かけないことなので話題にならないだけかもしれませんが、一昔前はカリスマショップ店員とかが結構注目されていて、テレビなんかでも紹介されていたこともありますがそのカリスマ店員って大体ため口なんですよね。

あれはあれで需要があって、その需要にピンポイントの接客方法だから良いのかなとは思います。

しかし、たまにいるんですよねコンビニやスーパーの店員でため口の人。

sponsord link



おばちゃんとかおっちゃんとか商店街の店員などは人情味があって、ため口でも何というか親しみのあるため口と言うのか、そんなに不快に思うことはないのですが若いチャラチャラした店員とかが会計1000円っすねとか、なんて言うのでしょうまるで同い年の友達に話しかけるかのような言葉遣いをする店員がいることがって不快に感じることがあります。

今はそんな人は少なくて、常識中の常識すぎてほとんどいないし目立たない問題なのだと思いますが、私は店員にため口と同様に店員がため口なのも問題だと思うんです

そもそも店員にため口がいけないと言われているのがお客様は神様という風潮から来ていることだと思うんですね。

今は大分なくなりつつある風潮ですが、かつてはお客様は神様、お金を払う=偉いみたいな考え方をする人もいてその延長線上に店員に対して横暴な態度をとる人がいたり、偉そうにしてため口で話しかけたり命令したりと王様気分の人が目立っていることからこれだけネットで話題となっているのだと思います。

ですが、その陰に隠れているんですよため口の店員。

店員に限らず例えば配達員とか、営業マンとか、なんであんたそんなに偉そうなの?って人がいるんです。

私も人のこと言えるほど謙虚でつつましやかな態度ではないかもしれませんが、どうしてあんなに客に対して偉そうにすることができるんだろうって不思議です。

そういう店にこそクレームなり文句は言えばいいのに、大体のクレーマーとか声の大きいお客様は神様論者の人達はつつましく謙虚にやっている人たちにばかり文句を言います。

あえて選んでいるかどうかはわかりませんが弱い物いじめみたいで良い気持ちはしませんね。

横暴な客のことはこれだけネットが浸透している世の中なので話題にもなりやすく、認知度が高い問題なのですぐにこれはいけないことなんだとわかると思います。

しかし、店員が偉そうなのは今の時代少なすぎてパッと思いつかず気の弱い人なんかは自分が悪いんじゃないかって思っちゃう人もいるのではないでしょうか。

ですが私は言いたい。

どのような理由があるのかわかりませんが、言葉を荒げたり偉そうに上から目線でものを言ってくる人はおかしいです。

特に店員と客のような関係性の間柄でこのような言い方をするのはおかしいです。

ですからもしそんな店員にあたって私が悪かったのかななんて落ち込んでしまった人がいるのなら、あなたが悪いわけではなくその店員の態度や言葉遣いが悪いだけなのであまり気にしないでください。

店側に客を選ぶ権利があるのと同じで、客側も店を選ぶ権利があります。

そういう嫌な店員がいる店や企業があるならそこにいかない、そこの商品を買わない、取引しない、と選ぶ権利があります。

お互いのためにも嫌な人がいるならそこのお店は避けるべきです。

なのでもしお買い物をしていて偉そうな態度の店員が深いで嫌な気持ちになったのなら文句を言うのではなく、何も言わずに立ち去る。

これが一番効果的でベストなやり方だと思います。

横暴な客を入れないことは難しいですが、横暴な店員がいる店に行かないことは簡単です。

嫌な店員がいるのはもちろん、味が口に合わないお店、センスが合わないお店、自分にとって合わないと思うのであればそこに行かないことがベストです。

できればそういった店員が減ればいいのですが、100%いなくなるということはないかもしれませんので、もしそんな嫌な気持ちになることがあったらそこは利用しないことをおすすめします。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました