事故物件と言っても種類がある

sponsord link
コラム
この記事は約3分で読めます。

みなさんは事故物件って聞いた事ありますか?

事故物件とはマンションやアパートで
人が亡くなったことのある物件のことを事故物件と言います。

よく心霊番組や心霊体験の話で聞くようなイメージがありますが、
事故物件といってもいろいろ種類があるんですよね。

心霊系でよく出てくるのは自殺や他殺で人が亡くなった物件。

浮かばれない霊が住み着いているとか、現世に未練があるとか、
自殺だと何かやむを得ない理由があってのことだと思いますし、
他殺なら現世に未練が残っても無理もありません。

しかし、事故物件はこういった物件のことだけではないんですよ。

sponsord link



例えばニュースや新聞で目にすることも多い高齢者の孤独死。

こういったのも事故物件に含まれますし、
心筋梗塞やくも膜下出血など何か急性の病気で亡くなる方もいらっしゃいます。

また、病気以外でも家電や道具を誤った使い方をして事故で亡くなる方もいますね。

事故物件=自殺や他殺のイメージが強くあるかもしれませんが、
世の中にはそういった理由以外でも家で息を引き取る方も少なくありません。

都市伝説などでは東京都内の物件のほとんどは
実は事故物件であるなどと言われているのですが、
それに関してもよく考えれば何も自殺や他殺ばかりではありませんし、
むしろ病気や事故で亡くなる方の方が多いのではないかと思います。

ですので都市伝説というよりこれは事実なのかもしれません。

これを踏まえて考えると、
事故物件は安いというのも案外そうでもない可能性が考えられます。

人間生きていれば必ずいつかは死にますし、
必ずしも病院のベッドの上で息を引き取るとは限りません。

自宅で亡くなる方もいらっしゃるわけで、
これが原因でそこまで家賃が安くなるかと言われると
そこまで珍しいことではありませんし、別にいわく付きという程ではありませんから
あくまで普通の物件に比べて少し安いぐらいになるのではないでしょうか。

しかし、そう考えると極端に家賃が安い物件は
それだけいわくが付いているのかもしれません。

それこそ心霊体験とかでよくある押し入れにびっしりお札が貼られていた
みたいな、そんなとんでもない物件は極端に安くなっているのかもしれません。

心霊系は私にはあまりわかりませんが、
現実的に考えた場合事故物件の中でも亡くなってから発見が遅れた部屋なんかは
強烈な臭いをどこまで落としきれるのかという問題がありますね。

ただこれに関しては内見するときに気付きやすいポイントではあると思いますのでそれほど心配はないのかもしれません。

では最も事故物件で怖いのはなにか。

私が思うのは他殺があった物件が特に危険なのではないかと思います。

というのもどういった事件だったのかにもよりますが、
その物件は殺人犯が知っている物件ということです。

カッとなってやったとか、そこまでやるつもりではなかったなど、
殺人にもいろんな理由やケースがあることなので一概には言えませんが、
放火犯は必ず現場に戻ってくると言うぐらいですし
何らかの理由で犯人が現場に戻ってくる可能性があることも否定できません。

ただそういう猟奇的な事件の犯人の場合長い事服役する可能性が高いと思いますし
もしかしたら死刑になる可能性もありますので言う程危険ではないとは思います。

そもそも事故物件だからと言って何か心霊現象がある可能性もあるので
そういったリスクは考えた上で契約していることかと思いますが、
もし事故物件を際にはどういう事故物件なのかも一応聞いておいた方が良いのかもしれませんね。

sponsord link



コメント

タイトルとURLをコピーしました